違い

「原因」と「要因」の違いは何?

同じような意味を持つ「原因」と「要因」、これらの違いは何かご存知でしょうか。2つの言葉はそれぞれ知っていても、その具体的な違いとなると、知っている方はグンと減るのではないかと思います。

この記事で、「原因」と「要因」の違いについて見ていきましょう。

「原因」と「要因」の違い

「原因」と「要因」の違い

「原因」と「要因」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 原因」:ある物事や事物などを引き起こす元となった事柄のこと
  • 要因」:いくつかの「原因」が集まったその結果に繋がる要素のこと

同じような意味に思われがちな「原因」と「要因」ですが、その意味であったり、使われる場面が微妙に異なっています。次の段落で詳しく見ていきましょう。

「原因」「要因」とは

「原因」「要因」とは

「原因」について詳しく

「原因」とはある物事や事物などを引き起こす元となった事柄のことを指します。

「原因」はある事象を引き起こす直接のきっかけとなったものを指す言葉です。「火事の原因」「怪我の原因」「事故の原因」などの比較的良くないものに対して、またマイナスなニュアンスとして使われることが多いです。ポジティブなニュアンスとしては「契機」や「勝因」などの言葉が使用されます。

基本的に「原因」となるものは1つであることが多いですが、これはあくまでも基本的にはなので「原因」となるものが複数存在する場合もあります。

また「原因」はこれから引き起こされる可能性があるものには使われず、既に引き起こされたものに対してのみ使われます。

「要因」について詳しく

「要因」とはいくつかの「原因」が集まったその結果に繋がる要素のことです。

「要因」はいくつかの原因が集まった要素のことです。ある事柄や事象の発生を引き起こした要素が複数あり、それらいくつかの要素を指してそれを「要因」と言います。病気で例をあげますと、病気になる「原因」には様々なものがあり、運動不足、不規則な生活、偏った食事など、これらをひっくるめて「要因」と言います。

「原因」はマイナスなニュアンスとして使われることが多い一方で、ポジティブなニュアンスとしても使われます。また過去だけでなく、この先発生する可能性があるものに対しても使われ、「原因」とは使われる場面に若干違いがあります。

「原因」と「要因」の違いは何?まとめ

「原因」と「要因」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「原因」 ある物事や事物などを引き起こす元となった事柄 「火事の原因」「怪我の原因」「事故の原因」などの比較的良くないものに対して、またマイナスなニュアンスとして使われることが多い。またこれから引き起こされる可能性があるものには使われず、既に引き起こされたものに対してのみ使われる
「要因」 いくつかの「原因」が集まったその結果に繋がる要素 「原因」はマイナスなニュアンスとして使われることが多い一方で、ポジティブなニュアンスとしても使われます。また、過去だけでなくこの先発生する可能性があるものに対しても「要因」は使われる

ぜひ、参考にされて見てください。

「調節」と「調整」の違いは何?「調節」と「調整」、どちらも何かを整えるという意味ですが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 日常的によく使うこれらの言葉ですが...
「適用」と「適応」の違いは何?「適用」と「適応」は何が違うのかご存知でしょうか。 何かに当てはめたり、当てはまったりする際に使われる言葉ですが、使い分けの際にど...
「修正」と「訂正」の違いは何?何かの書類の間違いを直すときに「修正」「訂正」という言葉をしばしば使いますが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。 同じ意味に思...