食べ物

「メンマ」と「シナチク」は何が違う?同じものなの?

メンマ」と「シナチク」の違いってご存知でしょうか。

ラーメンの具材の定番のこの食べ物ですが、同じものを指したときに「メンマ」と呼ぶ人もいれば「シナチク」と呼ぶ人もいますよね。

この記事では、そんな「メンマ」と「シナチク」について簡単に解説しています。

「メンマ」と「シナチク」は同じもの

「メンマ」と「シナチク」は同じもの

実は「メンマ」と「シナチク」は同じもので、両者とも「タケノコ(マチク)」を乳酸発酵させた加工食品の1つです。主にラーメンの具材の1つとして、また酒のおつまみなどでも親しまれています。

日本国内で収穫できる「タケノコ」でも「メンマ」「シナチク」を作ることはできますが、国内のそのほとんどは中国から輸入されてきたものがほとんどです。

なので「メンマ」ではなく「シナチク」、「シナチク」ではなく「メンマ」ということは無く、ただ名称が違うだけで同じものを指しています。

では、なぜ2つの異なった名称があるのでしょうか。

「シナチク」について詳しく

「シナチク」について詳しく

「シナチク」とは「メンマ」と同じ意味を持つ別称のことで、漢字では「支那竹」と書きます。

「支那竹」の「支那」という言葉は中国の通史的な呼称の1つで、日本では江戸時代中期から第二次世界大戦末期まで広く用いられていました。

なぜ「シナチク」かと言うと、「シナチク」中国原産の「麻竹(マチク)」というイネ科のタケを使って作られる、という事から「支那(中国)」と「タケ」を掛け合わせて「シナチク」と呼ぶようになりました。

「シナチク」以外にも「シナチク」のように「支那」がついている食べ物があり、「支那そば」や「支那大根」があります。

では、なぜ「メンマ」という呼称が出てきたのでしょうか。

「メンマ」について詳しく

「メンマ」について詳しく

「シナチク」という言葉が出来たのは良かったものの、中国の一部でこの「支那」という単語で呼ぶことを蔑称なのではないか・蔑称と捉える動きがありました。それに伴って「支那」という単語を使うことを自粛するようにと要請・抗議があったため、「シナチク」に変わる新たな呼称が必要になりました。

そこで出てきたのが「メンマ」です。

「シナチク」はラーメンの具材で使われることが多かったため、「拉麺(ラーメン)」の「麺(メン)」と、その原材料である「麻竹(マチク)」の「麻(マ)」を合わせて「麺麻(メンマ)」という言葉が生まれました。

「メンマ」と「シナチク」どちらも同じものを指すので、お好きな方を使ってくださいね。

「メンマ」と「シナチク」は何が違う?同じものなの?まとめ

「メンマ」と「シナチク」は何が違う?同じものなの?まとめ

「メンマ」と「シナチク」について簡単に見ていきました。

「シナチク」は中国原産の「麻竹(マチク)」というイネ科のタケを使って作られるということから、「メンマ」は「シナチク」に変わる名称ということでした。

どちらも同じ意味を指すのでお好きな方を使って見てくださいね。