食べ物

「キムチ鍋」と「チゲ鍋」の違いは何?

冬になると温かい食べ物が恋しくなりますが、その中でも鍋料理は野菜も豊富なので美味しいだけでなく、栄養バランスも良いので大人気ですよね。

しかし、数ある鍋料理の中でも「キムチ鍋」と「チゲ鍋」は似ているなと思ったことはないでしょうか。どちらも辛くて赤いので、何が「キムチ鍋」で何が「チゲ鍋」なのか意外にも分からないですよね。

この記事では、そんな「キムチ鍋」と「チゲ鍋」の違いについて解説しています。

「キムチ鍋」「チゲ鍋」とは

「キムチ鍋」「チゲ鍋」とは

「キムチ鍋」について詳しく

「キムチ鍋」とは、スープの中に「キムチ」を主体に、肉類、魚介類、野菜類、豆腐などを入れて煮込んだ鍋料理のことを指します。

鍋に「キムチ」を入れて作る場合もありますが、現在では市販されている「キムチ鍋」の素となるものを使って作るのが一般的になっています。「キムチ」を使って作られているので、韓国発祥の料理に思われがちですが、実は日本発祥の鍋料理です。

また、後ほど触れる「チゲ鍋」はお店などで1人用として振舞われることが多いですが、「キムチ鍋」に関しては大きな鍋を使って振舞われることが多く、3,4人前くらいのものになることが多いです。

「チゲ鍋」について詳しく

「チゲ鍋」とは、朝鮮半島で食べられる鍋料理の総称のことを指します。

「チゲ鍋」の「チゲ」には「鍋物」という意味があり、「チゲ鍋」だと「鍋鍋」という意味になってしまうので、本来「チゲ鍋」と言うのは間違った使い方です。日本へ「チゲ」が伝わったときに誤った認識で広がってしまったようです。

日本で1番広く認識されているのが「キムチ」を使った「キムチチゲ」のため、「チゲ鍋」や「チゲ」と聞くと「キムチチゲ」をイメージ・指すことが多いです。「チゲ」が鍋料理の総称ということから「キムチチゲ」の他にも「海鮮チゲ」「豆腐チゲ」などの「チゲ」もあります。

「キムチチゲ」について詳しく

「チゲ」が「鍋物」という意味があることから、「キムチチゲ」を日本語に訳すと「キムチ鍋」であり本来同一のものを指しますが、日本の「キムチ鍋」とは作り方に違いがあります。

「キムチチゲ」は辛口の鍋料理・スープ料理のことで、「キムチ」と肉類を炒めてから出汁、調味料を加えて味を整えて、野菜類、豆腐などを入れて煮込んだものを指します。

また、「キムチチゲ」には生の白菜の代わりに大量の「キムチ」を入れるという特徴もあります。このように朝鮮発祥の「キムチチゲ」と、日本発祥の「キムチ鍋」とでは作り方に違いがあるんですね。

「キムチ鍋」と「チゲ鍋」の違い

「キムチ鍋」と「チゲ鍋」の違い

発祥の違い

「キムチ鍋」は日本発祥、「チゲ鍋」は朝鮮発祥の鍋料理であり、「キムチ鍋」と「チゲ鍋」には発祥の違いがあるんですね。

「キムチ」を使った料理なので韓国発祥と思われがちですが、「キムチ」を使っているからと言って韓国の料理という訳ではないんですね。

作り方の違い

「キムチ鍋」と「チゲ鍋」は同一のものとして扱われることもありますが、両者には作り方に違いがあります。

「キムチ鍋」はスープの中に「キムチ」を主体に、肉類、魚介類、野菜類、豆腐などを入れて煮込む、もしくは「キムチ鍋」の素となるものを使って作りますが、「チゲ鍋」は「キムチ」と肉類を炒めてから出汁、調味料を加えて味を整えて、野菜類、豆腐などを入れて煮込んで作ります。

両者には微妙ですが作り方に違いがあります。

「キムチ鍋」と「チゲ鍋」の違いは何?まとめ

「キムチ鍋」と「チゲ鍋」の違いは何?まとめ
この記事のまとめ
  • 「キムチ鍋」とは
    →スープの中に「キムチ」を主体に、肉類、魚介類、野菜類、豆腐などを入れて煮込んだ鍋料理のこと
  • 「チゲ鍋」とは
    →朝鮮半島で食べられる鍋料理の総称のことで、日本では取り分けて「キムチ」を使った「キムチチゲ」をイメージ・指すことが多い
  • 「キムチ鍋」と「チゲ鍋」には、発祥、作り方に違いがある

「キムチ鍋」と「チゲ鍋」は同一のものとして扱われることもありますが、発祥や作り方に違いがあります。

「キムチ鍋」は韓国の「キムチ」を使って作ってしまうと、酸味の関係でうまく作ることができないので、作る場合は注意です。