違い

「霧(きり)」と「靄(もや)」と「霞(かすみ)」の違いは何?

冬などの寒い季節になり、朝目覚めて外に出ると「霧(きり)」がかかっているということがあります。「霧」がかかってしまうと視界が悪くなってしまうので通勤や通学の際は注意をしなければなりません。

しかし、「霧」と同じようなもので「靄(もや)」や「霞(かすみ)」と言ったものもありますが、これらとはどう言った違いあるのでしょうか。

この記事で、「霧」と「靄」と「霞」の気になる違いについて見ていきましょう。

「霧」「靄」「霞」とは

「霧」「靄」「霞」とは

「霧」について詳しく

「霧」とは大気中の水蒸気が温度の変化などによって下がり凝結して水滴となったものが浮遊、これによって視界が悪くなってしまう現象のことを指します。

「霧」の現象としては上記のものを指しますが、気象用語では特に視程・水平方向での見通せる距離が1km未満の、遠くまで見通すことができない状態を「霧」と言います。

また「霧」の中でも特に濃いものを「濃霧(のうむ)」と言い、視程・水平方向での見通せる距離が陸上では100m以下、海上では500m以下の場合を指し、それぞれ区別しています。

「濃霧」の影響で交通などに影響が出る恐れがあると判断された場合、「濃霧注意報」として発令される場合があります。

「霧」は発生条件によって名称が変わり、「移流霧(いりゅうぎり)」「滑昇霧(かっしょうぎり)」「蒸気霧(じょうきぎり)」「前線霧(ぜんせんぎり)」「放射霧(ほうしゃぎり)」などがあり、また発生場所によっても「海霧」「谷霧」「内陸霧」「盆地霧」「山霧」などの名称が使い分けられます。

「靄」について詳しく

「靄」とは大気中の水蒸気が温度の変化などによって下がり凝結して水滴となったものが浮遊、これによって視界が悪くなってしまう現象のことを指し、現象自体は「霧」と全く変わりません。

しかし、気象用語では特に視程・水平方向での見通せる距離が1km以上10km未満の「霧」と比べて遠くまで見通すことができるものを指します。

「霧」のように発生条件や発生場所によって名称が区別されるということはなく、天気予報でも「靄」が発生したなどの伝え方はされません。

「霞」について詳しく

「霞」とは空気中に存在している水蒸気や細かい粒子などによって視界が悪くなってしまう現象のことを指します。

「霞」は「霧」と「靄」のように気象用語ではありません。何らかの影響によって視界が悪くなってしまう現象のことなので、煙や黄砂、チリなどで視界が悪くなっても「霞」と表現する場合があります。

また、「霧」と「靄」は昼夜に関わらずどちらでも使われますが、「霞」は昼間限定の表現で、夜間の場合は「朧(おぼろ)」と呼ばれます。

「霧」と「靄」と「霞」の違い

「霧」と「靄」と「霞」の違い

定義の違い

  • 「霧」
    →大気中の水蒸気が凝結して浮遊、視程・水平方向での見通せる距離が1km未満の状態のことで、気象用語
  • 「靄」
    →大気中の水蒸気が凝結して浮遊、視程・水平方向での見通せる距離が1km以上10km未満の状態のことで、気象用語
  • 「霞」
    →空気中に存在している水蒸気や細かい粒子などによって視界が悪くなってしまう現象のこと

「霧」「靄」「霞」では定義に違いがあります。また、「霧」の中でも視程・水平方向での見通せる距離が陸上では100m以下、海上では500m以下の場合を「濃霧」と言います。

気象用語かそうでないか

「霧」と「靄」に関しては気象用語ですが、「霞」に関しては気象用語ではなく、気象用語かそうでないかという違いがあります。

「霧(きり)」と「靄(もや)」と「霞(かすみ)」の違いは何?まとめ

「霧(きり)」と「靄(もや)」「霞(かすみ)」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「霧」
    →大気中の水蒸気が凝結して浮遊、視程・水平方向での見通せる距離が1km未満の状態のことで、気象用語
  • 「靄」
    →大気中の水蒸気が凝結して浮遊、視程・水平方向での見通せる距離が1km以上10km未満の状態のことで、気象用語
  • 「霞」
    →空気中に存在している水蒸気や細かい粒子などによって視界が悪くなってしまう現象のこと

「霧」と「靄」と「霞」は定義以外にも漢字が間違えやすいので、定義だけでなく関連して漢字も一緒に覚えていきたいですね。