違い

「ヒラメ」と「カレイ」の違いは何?

左ヒラメに右カレイという言葉が有名な「ヒラメ」「カレイ」という魚ですが、これらは姿が非常に似通っていることで知られています。

そんな「ヒラメ」と「カレイ」の違いは何なのかご存知でしょうか。「ヒラメ」と「カレイ」が似ているのは知っていても何が違うのか正確に知っているという方は意外にも少ないと思います。

この記事で「ヒラメ」と「カレイ」の違い、見分け方について一緒に見ていきましょう。

「ヒラメ」「カレイ」とは

「ヒラメ」「カレイ」とは

「ヒラメ」について詳しく

「ヒラメ」について詳しく

「ヒラメ」とはカレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種です。

左ヒラメに右カレイという言葉があるように、日本では「ヒラメ」もしくは「カレイ」を目が上になるように置いたときに、頭が左向きになれば「ヒラメ」、頭が右向きになれば「カレイ」という見分け方をすることが多いです。

一般的な「ヒラメ」の大きさは80cmほどで、その名の通り目が平たくなっているのが特徴です。

また、「ヒラメ」は小魚や小型甲殻類などを海底から舞い上がるように捕食するため、鋭い歯と強靭な顎を持ち合わせており、そのせいか非常に獰猛な顔つきをしています。

「カレイ」について詳しく

「カレイ」について詳しく

「カレイ」とはカレイ亜目カレイ科に属する魚の一種です。

「ヒラメ」のときと重なりますが、左ヒラメに右カレイという言葉があるように、日本では「ヒラメ」もしくは「カレイ」を目が上になるように置いたときに、頭が左向きになれば「ヒラメ」、頭が右向きになれば「カレイ」という見分け方をすることが多いです。

しかし、海外で頭が左向きになる種類もおり、中でも「ヌマガレイ」や「ボウズガレイ」という種類は目の位置が定まっておらず、左右どちらにも同じくらいの頻度で出現します。

一般的な「カレイ」の大きさは40cmほどと「ヒラメ」よりも小さく、目が出っ張っているのが特徴です。海外ではこの目の出っ張り具合で「カレイ」か「ヒラメ」かを判断しています。

また「カレイ」は海底の無脊椎動物や砂の中にいる虫などを主食としているため、歯は細かくギザギザしており口は小さく、おちょぼ口のような感じになっています。性格は「ヒラメ」に比べるとおとなしい性格をしています。

「ヒラメ」と「カレイ」の違い・見分け方

「ヒラメ」と「カレイ」の違い・見分け方

日本では「左ヒラメに右カレイ」を基準に

日本では「左ヒラメに右カレイ」という言葉があるように、ヒラメ」もしくは「カレイ」を目が上になるように置いたときに、頭が左向きになれば「ヒラメ」、頭が右向きになれば「カレイ」という見分け方をすることができます。

しかし、前述の通り「ヌマガレイ」や「ボウズガレイ」といった種類は、目の位置が定まっておらず、左右どちらにも同じくらいの頻度で出現するので「左ヒラメに右カレイ」は絶対ではありません。

基本的には「左ヒラメに右カレイ」という考えで良いですが、中にはこれに当てはまらない種類もいることを覚えておきたいですね。

大きさ・目・口・歯の形の違い

「ヒラメ」と「カレイ」、似たような姿をしていますが、よく見ると生態の違いから大きさ・目・口・歯の形に違いがあります。

一般的な「ヒラメ」の大きさは80cmほどで、その名の通り目が平たくなっているのが特徴です。小魚や小型甲殻類などを主食とするため鋭い歯と強靭な顎、大きな口を持ち合わせています。

一方で、一般的な「カレイ」の大きさは40cmほどで、目が出っ張っているのが特徴です。無脊椎動物や砂の中にいる虫などを主食としているため、歯は細かくギザギザしており口は小さく、おちょぼ口のような感じになっています。

これによって性格にも違いが出てきて、「ヒラメ」は攻撃的で獰猛な性格、「カレイ」はおとなしい性格をしています。

漁獲量の違い

「ヒラメ」と「カレイ」には実は漁獲量に大きな違いがあります。

「ヒラメ」は年間でおよそ6000トン獲られるのに対して、「カレイ」に関しては年間でおよそ45000トン獲られます。「ヒラメ」は食用として食べられる種類が少ないこと、生息地が限られていることが原因として挙げられます。

今でこそ養殖が盛んに行われていますが、「ヒラメ」は「カレイ」に比べると希少な食材なんですね。

味や食感の違い

「ヒラメ」と「カレイ」には味や食感に違いがあります。

「ヒラメ」はその大きな歯と口で小魚や小型甲殻類などを主食とするため身や筋肉が引き締まっています。筋肉質なものは熱を加えると硬くなってしまうので、そのまま刺身にしたり「カルパッチョ」「マリネ」などとして主に食べられます。

一方で、「カレイ」は海底でじっとしていることが多いので、筋肉が少ないため柔らかい食感が特徴的です。そのため、煮物やフライといった加熱して調理されることが多いです。

「ヒラメ」と「カレイ」の違いは何?まとめ

「ヒラメ」と「カレイ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • ヒラメ」:カレイ亜目ヒラメ科に属する魚で、大きさは80cmほどで、その名の通り目が平たくなっている。頭が左向き
  • カレイ」:カレイ亜目カレイ科に属する魚で、大きさは40cmほどと「ヒラメ」よりも小さく、目が出っ張っている。基本的に頭は右向き

「ヒラメ」と「カレイ」は非常に似通った姿をしていますが、実はよく見ると目の位置以外にも違いがいくつかあるんですね。

基本的には「左ヒラメに右カレイ」という考えで良いですが、中にはこれに当てはまらない種類もいるので、大きさや目、口や歯の形の違いや味や食感などの違いも覚えておきたいですね。