違い

「氾濫」と「決壊」の違いは何?

台風や大雨などの影響から川の水が増え、その結果「氾濫」や「決壊」といった大きな災害に繋がります。

しかし、報道などでよく聞くこれら「氾濫」と「決壊」の言葉ですが、これらの違いは何なのかご存知でしょうか。意味や違いを正しく理解していないと、いざというときに思わぬ間違いを起こしてしまうかもしれません。

この記事で、「氾濫」と「決壊」の違いについて一緒に見ていきましょう。

「氾濫」と「決壊」の違い

「氾濫」と「決壊」の違い

「氾濫」と「決壊」の違いは以下の通りです。

  • 氾濫」:大雨や台風などによって河川の水が溢れて広がってしまうこと
  • 決壊」:大雨などの水の勢いによってダムや堤防が崩壊し、水が流れ出ること

「氾濫」は主に河川の水が溢れて広がってしまうこと、「決壊」はダムや堤防が崩壊し水が流れ出ることを指します。

いずれも水が溢れて流れることを指しますが、その規模の大きさに違いがあります。ダムや堤防が調整や侵入を防ぐ役割がある通り、これらが崩壊してしまうと大きな災害へと繋がってしまう可能性が非常に大きいです。

また、「氾濫」は堤防が「決壊」することによって起こることもありますが、「決壊」しなくても水が溢れて流れてしまうこともあります。

「氾濫」「決壊」とは

「氾濫」「決壊」とは

「氾濫」について詳しく

「氾濫」とは大雨や台風などによって河川の水が溢れて広がってしまうことを指します。

「氾濫」には「外水氾濫(がいすいはんらん)」と「内水氾濫(ないすいはんらん)」の2種類に分けることができ、前者は河川の堤防から水が溢れて家屋や田畑が浸水されること、「氾濫」と言う場合はこちらの「外水氾濫」を指している場合が多いです。

後者は大雨などによって下水道や排水溝などに流しきることができなく溢れることを指します。

似たような言葉で「洪水」がありますが、こちらは雨などの影響によって河川が異常なまでに増水することを指します。「氾濫」とあわせて覚えておきたい言葉です。

「決壊」について詳しく

「決壊」とは大雨などの水の勢いによってダムや堤防が崩壊し、水が流れ出ることを指します。

ダムの主な目的のひとつは「治水」と言って大雨などの影響によって川の水が溢れたりしないように、川を流れる水の量を調整する点にあります。一方堤防には大雨などの影響によって人家のある地域へと河川や海の水が浸入しないようにする点にあります。

調整や侵入を防ぐ役割を持っているダム、堤防が崩壊して「決壊」が起こってしまうと大きな災害へと繋がってしまうことが多いです。

「氾濫」と「決壊」の違いは何?まとめ

「氾濫」と「決壊」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 氾濫」:大雨や台風などによって河川の水が溢れて広がってしまうこと
  • 決壊」:大雨などの水の勢いによってダムや堤防が崩壊し、水が流れ出ること

微妙なこれらの違いですが、いざというときに役立つと思いますので正しい意味を理解しておきたいですね。ぜひ、参考にされて見てください。

「保存食」と「非常食」と「災害食」の違いは何?「保存食」と「非常食」と「災害食」の違いは何かご存知でしょうか。 どれも常温で長期保存が可能な食料ですが、具合的な違いについて知っ...
「110番」と「119番」の違いは何?事件や事故、救命などの緊急事態に遭遇した場合、私たちは「110番」もしくは「119番」に電話をかけなければいけない状況になる可能性があり...
「ニッポン」と「ニホン」の違いは何?私たちが住んでいる「日本」という国は、「ニッポン」と「ニホン」という2つの読み方があります。私たちは日常生活やサッカーなどの応援の際に無...