違い

「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いは何?

世界には様々な焼き菓子があり、その中でも似通ったものがありますが、「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いは何かご存知でしょうか。見た目や味がかなり似ているので、これらは何が違うのか気になりますよね。

この記事で、「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いについて見ていきましょう。

「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違い

「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違い

「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • フィナンシェ」:薄力粉、砂糖、卵白、焦がしバター、アーモンドプードルなどを材料に作られた焼き菓子の1つ
  • マドレーヌ」:薄力粉、砂糖、全卵、バター、ベーキングパウダーなどを材料に作られた焼き菓子の1つ

現在では見た目だけでは区別するのは難しいですが、材料が異なるため、味や風味の違いによって判断することが出来ます。

「フィナンシェ」「マドレーヌ」とは

「フィナンシェ」「マドレーヌ」とは

「フィナンシェ」について詳しく

「フィナンシェ」とは薄力粉、砂糖、卵白、焦がしバター、アーモンドプードルなどを材料に作られた焼き菓子の1つです。

「フィナンシェ」はフランス語で「金融家」「お金持ち」などを意味しており、金融家のが背広を汚さないように食べてもらえるようにという意図から作られた焼き菓子と言われています。また「フィナンシェ」は金の延棒のような形をしており、このことから「金融家」「お金持ち」を連想させるような言葉として「フィナンシェ」という名称になったとされています。

「フィナンシェ」は表面がサクサク中はふんわりとした食感をしており、アーモンドを粉末状にした「アーモンドプードル」を使用しているため、アーモンドの香りがします。

ただ、現在では様々な形の「フィナンシェ」が存在するため、形だけでは後述する「マドレーヌ」とは区別するのは難しいです。

「マドレーヌ」について詳しく

「マドレーヌ」とは薄力粉、砂糖、全卵、バター、ベーキングパウダーなどを材料に作られた焼き菓子の1つです。

「マドレーヌ」の由来に関しては諸説ありますが、そのどれもに共通しているのが「マドレーヌ」という女性が作ったというものです。「マドレーヌ」は「ホタテガイ」をイメージして作られていると言われており、その影響で見た目は貝のような形をしています。初期の「マドレーヌ」は実際に「ホタテガイ」を使って作られていたとも言われています。

しかし、現在では「フィナンシェ」と同じように様々な形のものがあるため、形だけで区別をするのは難しいです。

「マドレーヌ」は「フィナンシェ」と比べるとよりしっとりした食感をしており、バターの風味が強いです。

「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いは何?まとめ

「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「フィナンシェ」 薄力粉、砂糖、卵白、焦がしバター、アーモンドプードルなどを材料に作られた焼き菓子の1つ 表面がサクサク中はふんわりとした食感をしており、アーモンドを粉末状にした「アーモンドプードル」を使用しているため、アーモンドの香りがする
「マドレーヌ」 薄力粉、砂糖、全卵、バター、ベーキングパウダーなどを材料に作られた焼き菓子の1つ しっとりした食感をしており、バターの風味が強い

ぜひ、参考にされて見てください。

「シリアル」と「コーンフレーク」の違いは何?「シリアル」と「コーンフレーク」は何が違うかご存知でしょうか。 名称が違うだけでこの2つは同じものとして思われてしまいがちですが、...
「キャンディ」と「ドロップ」の違いは何?砂糖を原料に、それを温めて小ささな球状にしたものを日本語では「飴」と言いますが、「キャンディ」や「ドロップ」とも言いますよね。 「...
「はちみつ」と「メープルシロップ」の違いは何?「ホットケーキ」にかけるものと言ったら皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。思い浮かべるのは「はちみつ」か「メープルシロップ」のどちらかだ...