違い

「賞味期限」と「消費期限」の違いは何?

食品にはそれぞれ「賞味期限」と「消費期限」が設定されていますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何となくの意味は知っていても正確な意味となると「う〜ん」となる方が多いのではないかと思います。

この記事で、「賞味期限」と「消費期限」の違いについて見ていきましょう。

「賞味期限」と「消費期限」の違い

「賞味期限」と「消費期限」の違い

「賞味期限」と「消費期限」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 賞味期限」:その食品を開封していない定められた保存方法をした際の美味しく頂ける期間を表したもの
  • 消費期限」:安全に食べることができる期間を表したもの

長期期間の保存ができるものや、品質の劣化が極めて少ないものについては「賞味期限」「消費期限」の表示義務はありません。

「賞味期限」「消費期限」とは

「賞味期限」「消費期限」とは

「賞味期限」について詳しく

「賞味期限」とは食品衛生法・JAS法において(文言は違いますが)容器包装の開かれていない製品が表示された保存方法に従って保存された場合に、その製品として期待されるすべての品質特性を十分に保持しうると認められる期限と定められています。

つまり「賞味期限」というのはその食品を開封していないときに、定められた保存方法がされた際の美味しく頂くことができる期間を表したものです。

なので、「賞味期限」を過ぎたからといって食べられなくなるということはありませんが、1度開けたものであれば「賞味期限」「消費期限」に関わらず早めに食べることが大切です。「賞味期限」の場合、ある程度はゆとりを持った期間設定にしているので、表示されている「賞味期限」の1.1~1.2倍くらいの目安くらいで考えると良いです。

また、「賞味期限」は6日以上品質が劣化しないスナック菓子やレトルト食品、インスタント食品などに設定されます。

「消費期限」について詳しく

「消費期限」とは食品衛生法・JAS法において(文言は違いますが)定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の食品又は添加物の劣化に伴う衛生上の危害が発生するおそれがないと認められる期限を示す年月日と定められています。

つまり「消費期限」というのは安全に食べることができる期間を表したものです。

そのため、「賞味期限」とは異なり「消費期限」は表示されている期限を過ぎてしまった場合は食べることができません。仮に食べてしまった場合は「食中毒」になる危険性が大いにあります。

なお、「消費期限」は加工日から5日以内で傷んでしまう恐れがあるお惣菜や弁当などに設定されます。

「賞味期限」と「消費期限」の設定方法について

「賞味期限」と「消費期限」の設定方法について

「賞味期限」「消費期限」は厚生労働省や農林水産省によって表示させることが義務付けられていますが、それらの期限設定は各食品の製造・加工会社がそれぞれ定めています。

各会社が何度も何度も実験(微生物試験や理化学試験及び官能検査)を繰り返し、その研究結果や経験を基に「賞味期限」「消費期限」を設定しているんですね。

「賞味期限」はともかく「消費期限」でも「1日くらい大丈夫だろ」と勿体無いの精神で食べてしまうと、体調を崩してしまったり、食中毒になってしまったりする恐れがあるので、必ず守るようにしましょう。

また、1度に自信が食べきることができない量を購入しないことも大切です。

「賞味期限」と「消費期限」が無い食品について

「賞味期限」と「消費期限」が無い食品について

加工食品であれば「賞味期限」もしくは「消費期限」の期限を表示させることが義務付けられていますが、特に長期期間の保存ができるものや、品質の劣化が極めて少ないものについては「賞味期限」「消費期限」の表示義務がありません。

「賞味期限」「消費期限」が表示義務が無いもの
  • アイスクリーム
  • ガム
  • 砂糖
  • 蜂蜜・メープルシロップ

他にもありますが「賞味期限」「消費期限」が表示義務が無いものにはこのようなものがあります。

アイスクリームに関してはマイナス18度以下で保存している限りは例え10年後でも美味しく食べることができます。

「賞味期限」と「消費期限」の違いは何?まとめ

「賞味期限」と「消費期限」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「賞味期限」 器包装の開かれていない製品が表示された保存方法に従って保存された場合に、その製品として期待されるすべての品質特性を十分に保持しうると認められる期限 「賞味期限」の場合、ある程度はゆとりを持った期間設定にしているため、1度開けた場合は表示されている「賞味期限」の1.1~1.2倍くらいの目安くらいで考えると良い
「消費期限」 定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の食品又は添加物の劣化に伴う衛生上の危害が発生するおそれがないと認められる期限を示す年月日 「消費期限」は加工日から5日以内で傷んでしまう恐れがあるお惣菜や弁当などに設定される。過ぎた場合は食中毒の危険があるため食べない方が良い

「賞味期限」は少しの間であれば過ぎても問題なく食べることができますが、「消費期限」に関しては過ぎてしまった場合、食べてしまうと体調を崩してしまったり、食中毒になってしまう恐れがあります。決められた表示期間をしっかりと守りましょう。

「保育園」と「幼稚園」の違いは何?「保育園」と「幼稚園」は何が違うのかご存知でしょうか。 「保育園」と「幼稚園」ではそれぞれ目的や制度となるものが違いますが、様々な...
「卵」と「玉子」の違いは何?「卵」と「玉子」、両者とも「たまご」と読みますが、この微妙な違いって何なのでしょうか。日頃からお世話になることが多い「たまご」ですが、漢...
「お刺身」と「お造り」の違いは何?日本では魚を生で食べる文化が根付いていますが、代表的なものに「お寿司」や「お刺身」「お造り」などがあります。 しかし、その中でも「...