違い

「卵」と「玉子」の違いは何?

」と「玉子」、両者とも「たまご」と読みますが、この微妙な違いって何なのでしょうか。日頃からお世話になることが多い「たまご」ですが、漢字で書くときにどちらで表現すれば良いのか迷ってしまいますよね。

使うときに迷わないように「卵」と「玉子」の違いや、その意味についてしっかりと理解しておきましょう。

「卵」と「玉子」の違い

「卵」と「玉子」の違い

「卵」と「玉子」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 」:生の状態のもの、生物学上においての表記
  • 玉子」:鳥類の「卵」で調理されたもの、食用のもの

「卵」と「玉子」の違いについては特に明確な違いはありませんが、一般的には生の状態のもの、生物学上では「卵」、鳥類の「たまご」で調理されたもの、食用のものが「玉子」と区別をしています。

「たまごやき」という料理がありますが、「卵焼き」というよりは「玉子焼き」の方が何となくしっくり来ないでしょうか。同じように「たまごかけごはん」という料理もありますが、「玉子かけご飯」よりも「卵かけご飯」の方がしっくり来ますよね。

ただ、これに関しては例外もあって「たまごやき」を「卵焼き」と表記することも、「たまごかけごはん」を「玉子かけご飯」と表記することもあるようです。

「卵」「玉子」とは

「卵」「玉子」とは

「卵」についてもっと詳しく

「卵」という表記は生の状態のもの、生物学上においての表記で使用されます。

「卵」は魚や昆虫、鳥類などのすべての生き物に関して、生物学上では「卵」と表記します。生物学的、というのは子孫を残すのため卵から孵って(孵化して))育つことを前提としたもののことです。

また、「教師の卵」や「医者の卵」というように勉強中、修行中などの比喩的表現で「孵化」を例えたものにも「卵」が使われます。

「玉子」についてもっと詳しく

「玉子」とは鳥類の「卵」で調理されたもの、食用のものを指します。

「玉子」は鳥類で食用に使われる表記です。

魚やサメの「卵」も食材として扱われることが多いですが、「魚の玉子」とも「サメの玉子」と言いませんよね。また、同じように食用ではない鳥の「卵」にも「玉子」は使われません。

「卵」と「玉子」の違いは何?まとめ

「卵」と「玉子」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「卵」 生の状態のもの、生物学上においての表記 「教師の卵」や「医者の卵」などの比喩表現でも使われる
「玉子」 鳥類の「卵」で調理されたもの、食用のもの 魚類の「たまご」には使われない

一般的には生の状態のもの、生物学上では「卵」、鳥類限定で調理したもの、食用のものは「玉子」と区別します。

ただ、ここには明確な線引きがないので、人によっては同じ「たまごやき」でも「卵焼き」「玉子焼き」で分かれます。スマートフォンやパソコンの予測変換でも「たまごやき」でも「卵焼き」「玉子焼き」の両方が出てくるので、この辺りは念頭に入れておくと良いです。

「ところてん」と「寒天」の違いは何?世の中には似たような食べ物が複数存在しますが、その中でも「ところてん」と「寒天」の違いは何かご存知でしょうか。 食物繊維が豊富で、...
「せんべい」と「おかき」と「あられ」の違いは何?日本人に馴染み深い米菓として「せんべい」「おかき」「あられ」がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 あまり気にならない...
「ミニトマト」と「プチトマト」の違いは何?「トマト」には「ミニトマト」や「プチトマト」といった通常のサイズよりも一回りも二回りも小さなものがありますが、これら「ミニトマト」「プチ...