違い

「効果」と「効能」の違いは何?

効果」と「効能」の違いは何かご存知でしょうか。この薬を飲むとこんな「効果」がある、この温泉に入るとこんな「効能」がある、など度々耳にしますが、どんな違いで使い分けがされているのか気になりますよね。

この記事で、「効果」と「効能」の違いについて見ていきましょう。

「効果」と「効能」の違い

「効果」と「効能」の違い

「効果」と「効能」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 効果」:ある働きかけによって引き起こされる望ましい結果のこと、映画や演劇などで置いてその場面に情緒を加える技術
  • 効能」:望ましい結果を引き起こすための働きのこと

「効果」と「効能」の簡単な違いは結果か過程です。意味が似ているので混同してしまいがちですが、結果と過程と覚えておくと分かりやすいです。

「効果」「効能」とは

「効果」「効能」とは

「効果」について詳しく

「効果」とはある働きかけによって引き起こされる望ましい結果のこと、映画や演劇などで置いてその場面に情緒を加える技術です。

英語では「effect」と表記します。

「効果」はそれまでの過程ではなく、結果に重点が置かれており、薬で風邪が治った、この訓練で基礎体力が上がった、宣伝によって売り上げが上がった、などのそれによって最終的に引き起こされる望ましい結果のことを「効果」と言います。しかし、「温室効果」「経済効果」「ドップラー効果」などのように望ましい結果でない場合にも「結果」が使用されることがあります。

また、「効果」には映画や演劇などで置いてその場面に情緒を加える技術、という意味もあります。

「効能」について詳しく

「効能」とは望ましい結果を引き起こすための働きのことです。

英語では「efficacy」と表記します。

「効果」は結果でしたが、「効能」に関しては過程です。便秘薬の例でたとえると分かりやすく、便秘薬は便秘を治すという「効果」、結果をもたらしますが、その結果をもたらすためには何らかの働きかけが必要となります。この働きかけのことを「効能」と言い、便秘を治す便秘薬の場合の働きかけは、便を柔らかくする、腸の働きを促進させる、などが「効能」に当たります。

「効果」は幅広い場面で使用されますが、「効能」は医療などの場面でしかあまり使われない、という違いもあります。

「効果」と「効能」の違いは何?まとめ

「効果」と「効能」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「効果」 ある働きかけによって引き起こされる望ましい結果、映画や演劇などで置いてその場面に情緒を加える技術 過程ではなく結果
「効能」 望ましい結果を引き起こすための働き 結果ではなく過程

ぜひ、参考にされて見てください。

「拘留」と「勾留」の違いは何?「こうりゅう」と読む言葉には「拘留」と「勾留」の2つがありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。漢字が違うだけで同じ意味と思われて...
「去年」と「昨年」と「前年」の違いは何?日本語には似たような意味の言葉が数多く存在します。ここで紹介する「去年」「昨年」「前年」という言葉もそうですね。同じような意味で使ってい...
「筆者」と「著者」の違いは何?「筆者」と「著者」の違いは何かご存じでしょうか。主に、文章を書いた方のことを指すこれらの言葉ですが、具体的にはどんな違いがあるのか知らな...