違い

「震度」と「マグニチュード」の違いは何?

地震が発生するとニュース速報で、発生場所と影響の及ぶ地域、そして「震度」「マグニチュード」が発表されます。

しかし、「震度」と「マグニチュード」はそれぞれ何を表し、何が違うのかご存知でしょうか。学生の頃に習ったとは思いますが、勉学から長らく離れてしまうとこういったことも忘れてしまいますよね。

この記事で、今一度「震度」と「マグニチュード」の違いについて見ていきましょう。

「震度」と「マグニチュード」の違い

「震度」と「マグニチュード」の違い

「震度」は揺れの大きさを数値で表したもの、「マグニチュード」は地震そのものの規模・大きさのことをそれぞれ表しています。

  • 震度」:揺れの大きさを数値で表したもの
  • マグニチュード」:地震そのものの規模・大きさのこと

揺れの大きさである「震度」は震源に近いほど大きくなり、離れれば離れるほど揺れは小さく・感じなくなります。一方で「マグニチュード」は地震の規模を表すものなので、場所によって変わるということはなく、「マグニチュード」が大きくても、震源が地表から遠ければ「震度」は大きくなることはありません。

また「マグニチュード」が小さくても、震源が地表近くなら「震度」は大きくなります。

「震度」「マグニチュード」とは

「震度」「マグニチュード」とは

「震度」について詳しく

「震度」とはある場所で発生した、地震による揺れの大きさを数値で表したものを指します。

「震度」は揺れの大きさを数値で表したものです。日本各地に観測地点が設けられており、地震が発生すると計測震度計によって自動で観測がされます。計測震度計によって観測される前は、建物の被害状況や気象庁の体感によって決めていました。

計測震度計によって、日本では震度0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7の10段階に分けられていますが、国際的には「震度」を12段階に分けています。

「震度」の違いによる人の揺れの感じ方
  • 震度0:人は揺れを感じない
  • 震度1:屋内で静かにしている人が僅かに揺れを感じる
  • 震度2:屋内で静かにしている大半の人が僅かに揺れを感じる
  • 震度3:屋内にいるほとんどの人が揺れを感じる
  • 震度4:歩いている人が揺れを感じる、眠っている人が目を覚ます
  • 震度5弱:大半の人が揺れに恐怖し、棚にある本などは落ちる
  • 震度5強:物に捕まらないと歩くことが難しくなり、固定していない家具が倒れることがある
  • 震度6弱:立っていることが困難になり、固定していない家具、耐震性の低い建造物は倒れる
  • 震度6強:はわないと動くことができなくなり、大規模な地割れや地滑りなどが起こる
  • 震度7:耐震性の高い建造物でも傾いたり、倒壊する恐れがある

震源に近いほど「震度」、揺れが大きくなり、離れれば離れるほど「震度」、揺れが小さく・感じなくなります。2011年に発生した東日本大震災では宮城県栗原市で「震度7」、栃木県では「震度6」千葉県では「震度5」が観測されました。

「マグニチュード」について詳しく

「マグニチュード」とは地震そのものの規模・大きさを表したものを指します。

「マグニチュード」は地震そのものの規模・大きさのことです。「マグニチュード」の大きさは「M1」「M6」のように数字の前に「M」という記号を表されます。

「マグニチュード」は-2~12までの整数から少数まで表され、0.2大きくなると地震のエネルギーは約2倍に、1大きくなると地震のエネルギーは約32倍に、2大きくなると約1,000倍にも膨れ上がります。

「マグニチュード」の一般的な目安
  • 「M1(マグニチュード1)」未満:極微小地震
  • 「M1~M3(マグニチュード1~3)」:微小地震
  • 「M3~M5(マグニチュード3~5)」:小地震
  • 「M5~M7(マグニチュード5~7)」:中地震
  • 「M7(マグニチュード7)」以上:大地震
  • 「M8(マグニチュード8)」以上:巨大地震

「マグニチュード」小さい地震でも震源からの距離が近いと大気揺れるので「震度」は大きくなり、「マグニチュード」の大きい地震でも震源からの距離が遠いと「震度」は小さくなります。

観測上最大級の「マグニチュード」が確認されたのは1960年のチリ地震で「M9.5」、2011年に発生した東日本大震災では「M9」が観測されました。

「震度」と「マグニチュード」の違いは何?まとめ

「震度」と「マグニチュード」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 震度」:揺れの大きさを数値で表したもの
  • マグニチュード」:地震そのものの規模・大きさのこと

震度」は揺れの大きさを数値で表したもの、「マグニチュード」は地震そのものの規模・大きさのことをそれぞれ表しています。混同してしまいがちですが、しっかりと覚えておきたいですね。