違い

「生ビール」と「ビール」の違いは何?

仕事終わりのお酒の味は格別ですよね!好みはあると思いますが、キンキンに冷えたグラスに入った「ビール」をゴクゴク飲むのは最高ですね!

ただここで疑問に思うことが1つ。「生ビール」の「」って何なんでしょうか。普通の「ビール」とは何が違うのか気になったことはないでしょうか。

その疑問をサクッと解決していきましょう!

「生ビール」の「生」って何?

「生ビール」の「生」って何?

何となく樽に詰められた「樽詰ビール」からジョッキに注いだものを「生ビール」、そのほかの「缶ビール」や瓶「ビール」のことを通常の「ビール」と捉えている方が多い印象ですが、実はこれは間違いです。

気になる違いというのは「熱処理をしているかしていないか」の違いです。

つまり、熱処理をしていない「ビール」のことを「生ビール」、熱処理をしているものを「(熱処理)ビール」と日本では定義されています。これは缶に入っているか、瓶に入っているか、樽に入っているかに問わず「熱処理をしていないもの」を指しています。

味に違いもありません。

「熱処理をしていないもの」を「生ビール」として定義していますが、これはあくまでも日本での定義になります。その国によって「生ビール」「ビール」の定義が異なります。

現在では「生ビール」が主流

現在では「生ビール」が主流

現在では大手ビールメーカーが製造する「ビール」に関しては、ほとんどが「生ビール」です。

缶ビールや、瓶ビールのパッケージを確認すると分かるのですが、ほとんどに「」という文字が記載されていると思います。「缶ビール」や「瓶ビール」のことを通常の「ビール」と捉えられがちですが、実はほとんどが「生ビール」なんですね。

なぜ熱処理をするのか

なぜ熱処理をするのか

「生ビール」と「ビール」の違いについては分かりましたが、その違いとなる「熱処理」。熱処理と言われても「ん?」となって良く分からないので、次はその「熱処理」について詳しく見ていきましょう。

ビールの製造過程において、「酵母菌」という菌の力で大麦をアルコール発酵させますが、この「酵母菌」をそのままにしておくとずっと発酵を続けてしまいます。

いずれ「酵母」は死にますが、そのままだと美味しくなくなったり、品質が悪くなったりと意図しないものが出来てしまいます。そのための「熱処理」になります。

つまりは、「酵母菌」を処理するために「熱処理」をするということになります。

熱処理をしないで、そのまま「酵母菌」を活かすビールというものも存在します。

「酵母菌」はどうやって処理をしているの?

「酵母菌」はどうやって処理をしているの?

ビールを美味しくいただくために「熱処理」をしますが、「生ビール」はその「熱処理」をしていません。「酵母菌」はどうやって処理をしているのという疑問が浮かんでくると思います。

現在では技術の進歩によって、熱殺菌しなくても、ろ過をするだけで酵母を処理・取り除く事が可能になりました。そしてその技術の進化によって、それまで「熱処理ビール」で呼ばれていたものが「生ビール」と呼ばれるようになっていきました。

現在では「生ビール」が主流ですが、加熱処理された通常の「ビール」も販売されています。「キリンクラシックラガー」などはいわゆる「熱処理ビール」なので、味は変わらないと思いますが、飲んでみると良いかもしれません。

「生ビール」と「ビール」の違いは何?まとめ

「生ビール」と「ビール」の違いについて見ていきました。

名称 備考
「生ビール」 熱処理をしていない「ビール」のこと
「ビール」 熱処理をしている「ビール」のこと

気になる違いというのは「熱処理をしているかしていないか」という違いでした。熱処理をしていないビールのことを「生ビール」熱処理をしているものを「(熱処理)ビール」と呼びます。

意外と知らなかったという方が多かったのではないでしょうか。ぜひ、友人や家族に話されて見てくださいね。

「肉まん」と「豚まん」と「中華まん」の違いは何?突然ですが「肉まん」と「豚まん」と「中華まん」の違いは何かご存知でしょうか。コンビニやスーパーなどで手軽に購入することができ、好んでよく...
「おかゆ」と「雑炊」と「おじや」の違いは何?「おかゆ」「雑炊」「おじや」、どれもご飯を使った料理ですが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何となくの違いは知っていても具体的な違い...
「唐揚げ」と「竜田揚げ」の違いは何?「唐揚げ」は小さなお子さんから大人まで、幅広い年代で親しまれていますが、似たようなものに「竜田揚げ」というものがありますが、これらは何が...