違い

「砂漠」と「砂丘」の違いは何?

砂漠」と聞くと真っ先に思いつくのが世界的にも有名なアフリカ大陸にある「サハラ砂漠」ですが、日本では「砂漠」ではなく「砂丘」、鳥取県にある「鳥取砂丘」が有名ですね。

「砂漠」と「砂丘」、どちらも似たような意味ですが、これらの違いは一体何なのでしょうか。言葉が使い分けられているので、そこに明確な違い・定義がありそうですよね。

この記事で、「砂漠」と「砂丘」の違いについて見ていきましょう。

「砂漠」と「砂丘」の違い

「砂漠」と「砂丘」の違い

「砂漠」は年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域で、砂や岩石の多い土地のこと、「砂丘」は風によって運ばれた砂が堆積して出来た丘状の地形のことです。

  • 「砂漠」:年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域で、砂や岩石の多い土地のこと
  • 「砂丘」:風によって運ばれた砂が堆積して出来た丘状の地形のこと

「砂漠」と「砂丘」の1番の違いは、年間降水量です。

簡単ですが、雨が全く降らない・ほとんど降らない場合であれば「砂漠」、雨がある程度降り、砂がて移籍してできた丘状の地形があれば「砂丘」です。

「砂漠」「砂丘」とは

「砂漠」「砂丘」とは

「砂漠」について詳しく

「砂漠」と「砂丘」、どちらも同じような意味で捉えてしまいがちですが、しっかりとした定義があります。

「砂漠」とは年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域で、砂や岩石の多い土地のこと を指します。

日本にもこの定義に当てはまる「砂漠」がありますが、温帯湿潤気候ということから、伊豆大島の三原山山麓にある「裏砂漠」「奥山砂漠」の2カ所しかありません。

「砂漠」は、水分も少ないので植物・動物のほとんどは生息する事ができず、また日中は50度以上、夜になると氷点下になるなど、寒暖の差が激しいのも特徴であり、私たち人間が生活するのには向いていません。

一般的に知られている「砂漠」というのは、アフリカの「サハラ砂漠」や、モンゴルの「ゴビ砂漠」などの、とにかく「砂」というイメージですが、年間降雨量が250mm以下の地域という定義に当てはまるという事で、実は年間降水量が100mm以下の「南極大陸」も「砂漠」に含まれます。

「砂漠」には種類がある?

「砂漠」について見ていきましたが、「砂漠」にもいくつかの種類があるので一緒に紹介していきます。

色々な「砂漠」
  • 「礫(れき)砂漠」:石や岩石の破片などが転がっている「砂漠」
  • 「岩石砂漠」:岩盤などの大きな岩がたくさんある「砂漠」
  • 「砂砂漠」:風などで運ばれてきた砂が堆積している「砂漠」
  • 「土砂漠」:土や粘土によって形成されている「砂漠」

上から順番に世界に分布している「砂漠」の種類が多く、「礫砂漠(れきさばく)」が1番多く、「土砂漠」が分布としては1番少ないです。

私たちが良くイメージする主に「砂」で形成されている「砂砂漠」は意外にも少なく、砂漠全体から見て20%程しかないと言われています。

「砂丘」について詳しく

「砂丘」とは風によって運ばれた砂が堆積して出来た丘状の地形のことです。

例え「砂漠」っぽくても年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域で、砂や岩石の多い土地のことに当てはまっていないと「砂漠」とは言いません。

日本では取り分けて「鳥取砂丘」が有名ですが、北海道の「石狩砂丘」や、静岡県の「浜岡砂丘」など、あわせて14カ所ほどの「砂丘」があります。

「砂漠」では植物・動物のほとんどは生息する事ができませんが、「砂丘」では雨がしっかりと降るので、表面は乾いていても掘れば水が出てくるので、植物が生息する事ができます。(ちなみに「鳥取砂丘」の年間降水量は2,184mmです。)

「砂丘」と「砂漠」の違いは何?まとめ

「砂漠」と「砂丘」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「砂漠」:年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域で、砂や岩石の多い土地のこと
  • 「砂丘」:風によって運ばれた砂が堆積して出来た丘状の地形のこと

「砂漠」と「砂丘」は似ていますが、厳密に言うとしっかりと違いがあります。ぜひ、参考にされて見てください。