違い

「デカフェ」と「カフェインレス」と「ノンカフェイン」の違いは何?

カフェイン」には運動能力を高める効果や、眠気覚まし効果などの素晴らしい効果があり、コーヒーや紅茶、栄養ドリンクなどによく含まれています。

しかし「カフェイン」は撮り過ぎてしまうと不眠になる、心拍が安定しなくなる、イライラするなどの副作用が出る恐れがあるため、「カフェイン」があまり含まれていない商品が注目されていますね。

「カフェイン」があまり含まれていない商品として「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」の3種類がありますが、これらの違いを理解している方は意外にも少ないと思います。

「カフェイン」が少ないというのは分かるけど具体的に知りたいですよね。この記事で、「デカフェ」と「カフェインレス」と「ノンカフェイン」の違いについて見ていきましょう。

「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」とは

「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」とは

「デカフェ」について詳しく

「デカフェ」とは本来「カフェイン」が含まれている飲食物から、人工的に「カフェイン」を取り除いたものを指します。

通常ですと「カフェイン」を添加する飲食物に「カフェイン」の添加を行わないことで、「カフェイン」を含まなくなったもののことを指すとされていますが、少し意味が異なっています。

100%取り除いているというわけではないので、少量ですが「カフェイン」は含まれています。海外では、この「デカフェ」の基準が定められていますが、日本ではどの程度「カフェイン」を取り除いたかなどが定められていないため、日本の「デカフェ」はそれぞれで異なっています。

「カフェインレス」について詳しく

「カフェインレス」とは「カフェイン」が少量含まれているもの・「カフェイン」を大幅に減らしたものを指します。

「カフェインレス」と「デカフェ」は同義として扱われることもありますが、「カフェインレス」は元々「カフェイン」が少ないもの、「デカフェ」は「カフェイン」を取り除いたものという定義がされることあります。

しかし、「カフェイン」を90%以上取り除いたコーヒーの場合は「カフェインレスコーヒー」と記載する、という決まりがあります。

✏︎コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則(PDFファイル・外部リンク)

「デカフェ」と同じように100%取り除いているというわけではないので、少量ですが「カフェイン」は含まれています。

「ノンカフェイン」について詳しく

「ノンカフェイン」とは「カフェイン」を含まない原料で作られた、「カフェイン」が一切含まれていないものを指します。

「ノン」や「ゼロ」と謳っていても、端数は切り捨てて少量含まれているのが基本ですが、「ノンカフェイン」の場合は文字通り「カフェイン」は一切含まれていません。

麦茶、ごぼう茶、ルイボスティー、どくだみ茶、甜茶、そば茶、杜仲茶などが「ノンカフェイン」飲料としては有名です。

「デカフェ」と「カフェインレス」と「ノンカフェイン」の違い

「デカフェ」と「カフェインレス」と「ノンカフェイン」の違い

「デカフェ」は本来「カフェイン」が含まれている飲食物から、人工的に「カフェイン」を取り除いたもの、「カフェインレス」は「カフェイン」が少量含まれているもの・「カフェイン」を大幅に減らしたもの、「ノンカフェイン」は「カフェイン」を含まない原料で作られた、「カフェイン」が一切含まれていないもの、という違いがあります。

「カフェインレス」と「デカフェ」は同義として扱われることもありますが、前者は元々「カフェイン」が少ないもの、後者は「カフェイン」を取り除いたもの、という違いや定義がされることもあります。

また、「デカフェ」と「カフェインレス」はその製造方法から「カフェイン」がある程度の量は含まれていますが、「ノンカフェイン」は全く含まれていないという違いがあります。

「デカフェ」と「カフェインレス」と「ノンカフェイン」の違いは何?まとめ

名称 備考
「デカフェ」 本来「カフェイン」が含まれている飲食物から、人工的に「カフェイン」を取り除いたもの
「カフェインレス」 「カフェイン」が少量含まれているもの・「カフェイン」を大幅に減らしたもの
「ノンカフェイン」 「カフェイン」を含まない原料で作られた、「カフェイン」が一切含まれていないもの

「カフェイン」には眠気覚ましなどでお世話になる方が多いですが、摂取し過ぎてしまうと中毒になったり、イライラしたりと副作用が起こってしまいます。特にお腹の中に赤ちゃんがいる妊婦さんは「カフェイン」の摂取には気をつけなければなりません。

味の変化に戸惑うかも知れませんが、健康のためにも「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」のものを意識するようにしたいですね。