違い

「作る」と「造る」と「創る」の違いは何?

作る」「造る」「創る」、どれも何かに手を加えて、新たなものを生み出すときに使われる言葉ですが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。

無意識に使い分けているという方もいるとは思いますが、明確な違いは何なのでしょうか。

この記事で、「作る」と「造る」と「創る」の違いについて見ていきましょう。

「作る」「造る」「創る」とは

「作る」「造る」「創る」とは

「作る」と「造る」と「創る」の違いは以下の通りです。

  • 「作る」「造る」「創る」どれも様々な素材を用いて、物を組み上げたり、新しい物・状態などを生み出すこと、という意味を持つがその対象によって使い分けがされる
  • 作る」:比較的小さなもの、形のないもの、抽象的なもの
  • 造る」:比較的大きなもの、大規模な工場などを用いての大量生産をする場合(この場合は大小は関係ない)
  • 創る」:芸術作品、新しいもの(作る」「造る」のように形があるかないかは関係がない)

「作る」「造る」「創る」、どれも物を組み上げたり、新しい物・状態などを生み出すことという共通の意味を持っていますが、上記のようにその対象によって使い分けがされています。

「作る」「造る」「創る」とは

「作る」「造る」「創る」とは

「作る」について詳しく

「作る」とは様々な素材を用いて、物を組み上げたり、新しい物・状態などを生み出すことを指します。

「作る」が「つくる」の最も一般的な表記で、「作」という漢字は、人が木の枝を刃物で切っている様子を表しています。

「作る」の対象となるものは、机や料理などの他に比べて比較的小さなもの、またスポーツの記録や会社のルールなどの形のないもの・抽象的なものに用いられることが多いです。

  • 料理を作る
  • 組織を作る
  • ルールを作る

「造る」について詳しく

「造る」の意味は基本的に「作る」と同じです。

基本的には「作る」と同じですが、「造る」は船や自動車などの他に比べて比較的大きなもの、また大規模な工場などを用いて食品などを大量生産する場合、その場合は大きなものでなくても「造る」が使われることが多いです。

「造」という漢字が使われる「製造」や「醸造」などの言葉をイメージすると分かりやすいです。

  • 船を創る
  • 日用品を造る
  • 醤油を造る

「創る」について詳しく

「創る」の意味も基本的に「作る」「造る」と同じです。

こちらも基本的には前述の「作る」「造る」と同じですが、「創る」は特に芸術作品や新しいものを「つくる」際に使われる言葉で、「作る」「造る」のように形があるかないかは関係がありません。

新しいもの、というのはそのままの意味で、「創刊」や「創立」でも使われているように全く新しい雑誌や、全く新しい学校など、既存のものでもそれを新しくつくれば「創る」を使うことができます。

  • 作品を創る
  • 新しい雑誌を創る
  • 学校を創る

「作る」と「造る」と「創る」の違いは何?まとめ

「作る」と「造る」と「創る」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「作る」「造る」「創る」どれも様々な素材を用いて、物を組み上げたり、新しい物・状態などを生み出すこと、という意味を持つがその対象によって使い分けがされる
  • 作る」:比較的小さなもの、形のないもの、抽象的なもの
  • 造る」:比較的大きなもの、大規模な工場などを用いての大量生産をする場合(この場合は大小は関係ない)
  • 創る」:芸術作品、新しいもの(作る」「造る」のように形があるかないかは関係がない)

同じ意味でも上記のようにその対象によって使い分けされます。ぜひ、参考にされて見てください。

「止める」と「停める」と「留める」の違いは何?「とめる」という言葉には「止める」「停める」「留める」の3つの漢字を充てることができますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。文章で「...
「押さえる」と「抑える」の違いは何?「押さえる」と「抑える」、どちらも「おさえる」と読みますが、これらの使い分けで迷ったことはないでしょうか。 例えば「要点をおさえる...
「110番」と「119番」の違いは何?事件や事故、救命などの緊急事態に遭遇した場合、私たちは「110番」もしくは「119番」に電話をかけなければいけない状況になる可能性があり...