違い

「修正」と「訂正」の違いは何?

何かの書類の間違いを直すときに「修正」「訂正」という言葉をしばしば使いますが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。

同じ意味に思われてしまいがちですが、「修正」と「訂正」では微妙に意味が異なっています。

この記事で、「修正」と「訂正」の違いについて見ていきましょう。

「修正」と「訂正」の違い

「修正」と「訂正」の違い

「修正」と「訂正」の違いは以下の通りです。

  • 修正」:間違いや不十分とされている箇所を直して正しくすること
  • 訂正」:間違っている箇所を正しく直すこと

「修正」と「訂正」どちらも間違いを正すことを指しますが、「修正」に関しては必ずしもその対象が間違っている訳ではなく、不十分と判断されたものを直す、現状よりも良い方向に改善するという意味を持っています。

「修正」「訂正」とは

「修正」「訂正」とは

「修正」について詳しく

「修正」とは間違いや不十分とされている箇所を直して正しくすることを指します。

「修正」する対象は必ずしも間違いが存在するという訳ではなく、不十分と判断されたものを直す、現状よりも良い方向に改善するという意味を持っています。

ビジネスなどのシーンでは、「修正」を使うと後述する「訂正」よりも相手方にやんわりと指摘することができるため、言葉を受け取る側に立って考えて「修正」を使うと良いです。

また「軌道修正」などの言葉があるように、現状の意見や考えとは別の方向に持っていく、直すという際にも使われます。

  • 原稿の加筆「修正」をしました
  • この箇所の「修正」をお願いします
  • 我が社は「軌道修正」を行うべきだ

「訂正」について詳しく

「訂正」とは間違っている箇所を正しく直すことを指します。

「修正」はその対象が必ずしも間違っている訳ではありませんが、「訂正」する対象は明確な間違いがあり、それを正しく直す際に使います。ニュース番組などでもよく使われる表現で、何かを間違えて伝えてしまったときに「お詫びして訂正致します」と言いますよね。

ビジネスなどのシーンで、「訂正」を使う場合、相手方に暗に間違っているから直して、と上からの印象を与えてしまう可能性があるので、「訂正」よりは「修正」を使う方が良いです。

また、自分にミスがありそれを直す場合は、「修正」よりは「訂正」を使う方が誠意を感じることができるため、「訂正」を使う方が良いです。

  • 先ほど〇〇とお伝えしましたが、正しくは××でした。お詫びして「訂正」致します
  • 資料の誤植を「訂正」した
  • 今月までに赤い部分を「訂正」しておいて

「修正」と「訂正」の違いは何?まとめ

「修正」と「訂正」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 修正」:間違いや不十分とされている箇所を直して正しくすること
  • 訂正」:間違っている箇所を正しく直すこと

同じような意味に思われてしまいがちですが、「修正」と「訂正」では意味が微妙に異なります。ぜひ、参考にされて見てください。