違い

「クッキー」と「ビスケット」の違いは何?

サクッとする食感でティータイムにぴったりの「クッキー」と「ビスケット」。どちらも美味しいお菓子ですが、この2つは何が違うのかご存知でしょうか。姿形、味も似たような感じなので、一見すると同じように捉えられがちですが、実はちょっとした違いがあるんです。

この記事で、「クッキー」と「ビスケット」の気になる違いについて見ていきましょう。

「クッキー」と「ビスケット」には違いがない?

「クッキー」と「ビスケット」には違いがない?

「クッキー」と「ビスケット」の違いについては、何が違うのかと疑問に思っている方が多く、「MORINAGA」のお問い合わせ窓口に「クッキー」と「ビスケット」の違いについてまとめられていました。

日本では、ビスケットとクッキー両方の名前が使われていますが、実はこれは同じ意味。 ただ、菓子業界では糖分や油分が多めの、手作り風のものを、クッキーと呼んでもよいという決まりがあり、区別して使われることもあります。 イギリスではビスケット、アメリカではクッキー、フランスではビスキュイ、ドイツではビスキュイートなどと呼ばれています。 アメリカでビスケットというと、やわらかい菓子パンのことを呼ぶ、イギリスにはクッキーという言葉自体がないなど、ビスケットとクッキーの言葉の使い分けはあまりはっきりしていないようです。

MORINAGA お問い合わせ窓口より引用

「クッキー」と「ビスケット」には違いがあるにはありますが、無いと言えば無いと、何とも基準に関してはかなり曖昧なようです。

気になる違いというのはどの国で生まれたのかと、含まれている糖分と脂分の違いという点です。一般的には差異がありませんが、菓子業界では細かく分かれているようです。

見ただけではクッキーなのかビスケットなのか判断はできなそうですね。もう少し「クッキー」「ビスケット」について詳しく見ていきましょう。

「クッキー」「ビスケット」とは

「クッキー」「ビスケット」とは

「クッキー」について詳しく

「クッキー」とはアメリカから伝わってきた焼き菓子のことです。

アメリカでは焼き菓子のことを主に「クッキー」と呼称していますが、他の国だと「ビスケット」だったりと呼称や定義が違ってきます。

かくいう日本では、小麦粉を原料とする焼き菓子のことで、糖分と脂分を全体の40%以上含んだものと「全国ビスケット協会」によって決められています。見ただけでは判断がつきにくいですが、日本では「糖分と脂分を全体の40%以上」のものと覚えておきましょう。

アメリカでは焼き菓子のことを「クッキー」としていますが、日本でいう「スコーン」のようなパンの焼き菓子のことを「ビスケット」、塩味の焼き菓子を「クラッカー」と呼んでいます。

「ビスケット」について詳しく

「ビスケット」とはイタリアから伝わってきたお菓子です。

「クッキー」はアメリカから伝わってきた焼き菓子でしたが、「ビスケット」はイタリアから伝わってきたお菓子です。イギリスでは「ビスケット」は小麦粉を原料としたお菓子の総称のことで、元々は保存食として長持ちさせるために2度焼きしたパンが「ビスケット」の始まりと言われています。イギリスには「クッキー」という言葉がありません。また、アメリカで言う「ビスケット」とイギリスの「スコーン」は同じものを指しています。

日本では、小麦粉を原料とした焼き菓子のことを指しており、糖分と脂分が40%未満のものを「ビスケット」といいます。

「サブレ」との違いは何?

「サブレ」との違いは何?

「クッキー」「ビスケット」と並ぶお菓子に「サブレ」というお菓子がありますが、他のものとはどういった違いがあるのでしょうか。

「サブレ」とは、フランスから伝わった焼き菓子のことです。

「サブレ」とはフランス語で「砂」「砂で覆う」「砂で覆われた」という意味を持っています。「クッキー」や「ビスケット」は小麦粉が主原料でしたが、「サブレ」にはベーキングパウダーは使われておらず、ショートニングやバター、薄力粉がメインでが使われており、軽いサクッとした食感が特徴です。

フランスでは「クッキー」「ビスケット」といったお菓子は存在せず、焼き菓子を「サブレ」と呼称しています。

「クッキー」と「ビスケット」の違いは何?まとめ

「クッキー」と「ビスケット」そして「サブレ」との違いについて見ていきました。

名称 意味 備考
「クッキー」 アメリカから伝わってきた焼き菓子。日本では糖分と脂分を全体の40%以上含んだもの アメリカでは、日本でいう「スコーン」のようなパンの焼き菓子のことを「ビスケット」、塩味の焼き菓子を「クラッカー」と呼んでいる
「ビスケット」 イタリアから伝わってきたお菓子。日本では糖分と脂分が40%未満のもの。 元々は保存食として長持ちさせるために2度焼きしたパンが「ビスケット」の始まりと言われている
「サブレ」 フランスから伝わった焼き菓子。ショートニングやバター、薄力粉がメインで使われている 「サブレ」とはフランス語で「砂」「砂で覆う」「砂で覆われた」という意味を持っている

一般的に違いはありませんが、菓子業界では明確な違いについて設けられており、それはどの国で生まれたのかと、含まれている糖分と脂分の違いという点でした。

その国によっては、同じお菓子でも名前が違うので注意です。日本に関しては糖分と脂分が全体の40%未満か以上のものかによって違っていきます。「サブレ」に関しては材料がそもそも異なり軽い食感がしたものがそれになります。

「シリアル」と「コーンフレーク」の違いは何?「シリアル」と「コーンフレーク」は何が違うかご存知でしょうか。 名称が違うだけでこの2つは同じものとして思われてしまいがちですが、...
「キャンディ」と「ドロップ」の違いは何?砂糖を原料に、それを温めて小ささな球状にしたものを日本語では「飴」と言いますが、「キャンディ」や「ドロップ」とも言いますよね。 「...
「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違いは何?「グラタン」「ドリア」「ラザニア」、どれも見た目が似通っていますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 大人はともかくとして子ど...