違い

「コネ」と「ツテ」の違いは何?

コネ」と「ツテ」の違いは何かご存知でしょうか。何かを頼りにする際に使われる言葉ですが、意味がに似ているのでどんな違いがあるかの気になりますよね。

この記事で、「コネ」と「ツテ」の違いについて見ていきましょう。

「コネ」と「ツテ」の違い

「コネ」と「ツテ」の違い

「コネ」と「ツテ」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • コネ」:人と人との関係の繋がりのこと
  • ツテ」:その希望を叶えるために手がかりとなるもののこと

基本的な意味合いは「コネ」も「ツテ」も変わりませんが、使われ方や由来などが異なり、また「ツテ」は「コネ」と比べるとネガティブな印象を持たれることが少ないという違いもあります。

「コネ」「ツテ」とは

「コネ」「ツテ」とは

「コネ」について詳しく

「コネ」とは人と人との関係の繋がりのことです。

「コネ」は英語の「コネクション(connection)」を省略したもので、この「コネクション」には「繋がり」「連結」「結合」などの意味があります。

「コネ」を使う場面は、「コネ入社」「コネを活かして就職活動をする」「コネを使って限定品を入手する」など、何らかの便宜を図ってもらう際に使われます。自分で何かをするわけではなく、他人の力を頼りに物事を行うので、ネガティブな印象を持たれることが多いです。

「ツテ」について詳しく

「ツテ」とはその希望を叶えるために手がかりとなるもののことです。

「コネ」は英語の「コネクション(connection)」を省略したものでしたが、「ツテ」に関しては英語ではなく日本語で、漢字では「伝手」と表記します。

基本的な意味合いは「コネ」と変わりませんが、その使われ方に微妙な違いがあり、「コネ」は自分で築いてきたものを頼るのに対して、「ツテ」は自分がそもそも持っている人脈を頼るという違いがあります。そのため、「コネを作る」とは言いますが、「ツテを作る」とは言わず、また「ツテを辿る」とは言いますが、「コネを辿る」とは言いません。

またそれに伴って、「コネ」よりもネガティブな印象を持たれることが少ないです。

「コネ」と「ツテ」の違いは何?まとめ

コネ 【意味】人と人との関係の繋がりのこと
【備考】自分で何かをするわけではなく、他人の力を頼りに物事を行うので、ネガティブな印象を持たれることが多い
ツテ 【意味】その希望を叶えるために手がかりとなるもののこと
【備考】「コネ」と比べるとネガティブな印象を持たれることが少ない

「コネ」と「ツテ」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「マフラー」と「ストール」の違いは何?「マフラー」と「ストール」の違いは何かご存知でしょうか。秋や冬などの寒い時期になると大活躍するものですが、似たようなものなので混同して使...
「アンティーク」と「ヴィンテージ」の違いは何?「アンティーク」と「ヴィンテージ」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも長い歳月が経った価値が高いものを指す言葉ですが、これらの違いは非...
「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違いは何?車などで旅行や遠出をすると、長時間の運転の疲れを取るためだったり、トイレの利用だったりで「サービスエリア」「パーキングエリア」を利用する...