違い

「コミュニケーション」と「コミニュケーション」どっちが正しい?

コミュニケーション」と「コミニュケーション」どちらも同じような字面ですが、よく見ると「ュ」の位置が少し違いますね。

意思疎通や交流といった意味があるこの言葉ですが、「コミュニケーション」と「コミニュケーション」一体どちらが正しいのでしょうか。

この記事で、「コミュニケーション」と「コミニュケーション」の違いについて見ていきましょう。

「コミュニケーション」と「コミニュケーション」はどちらが正しい?

「コミュニケーション」と「コミニュケーション」はどちらが正しい?

「コミュニケーション」と「コミニュケーション」、つい間違って使ってしまいがちですが、正解は「コミュニケーション」です。

どちらも合っているという認識で使っているという方もいますが、正しくは「コミュニケーション」です。「コミュニケーション」が正しいですが、パソコンでもスマートフォンでも「コミニュケーション」でもしっかりと変換されてしまうので注意です。

意思疎通や交流といった意味で使われる外来語ですが、これらの判断で迷った際は英語の綴りを確認してみると一目で判断することができます。

「コミュニケーション」の英語の綴りは「communication」なので、「コミニュケーション」と読むことはできません。現在はスマートフォンがあるので、どちらが合っているかというのはすぐに調べることができますが、迷った際は英語の綴りを確認して見てくださいね。

「コミュニケーション」「コミニュケーション」以外にも

「コミュニケーション」「コミニュケーション」以外にも

「コミュニケーション」「コミニュケーション」以外にも紛らわしい・間違って覚えて使っている言葉というものがあります。

鞄の意味での「バッグ」と「バック」、寝台の意味での「ベッド」と「ベット」、「バドミントン」と「バトミントン」、「シミュレーション」と「シュミレーション」といった具合にたくさんあります。

この場合も英語の綴りを確認してみると一目で判断することができます。

  • 「バッグ」と「バック」:英語の綴りは「bag」なので「バッグ」が正しく、「バック」だと「back」なので「背中・後ろ」という意味
  • 「ベッド」と「ベット」:英語の綴りは「bed」なので「ベッド」が正しく、「ベット」だと「bet」なので「賭ける」という意味
  • 「バドミントン」と「バトミントン」:英語の綴りは「badminton」なので「バドミントン」が正しい
  • 「シミュレーション」と「シュミレーション」:英語の綴りは「simulation」なので「シミュレーション」が正しい

紛らわしい言葉に関しては、「コミュニケーション」と同様に英語の綴りを確認してみると一目で判断することができます。意味が伝わればそれで良いという方もいますが、正確にいうと意味が全く違うものもありますね。

「バドミントン」と「バトミントン」に関しては、「バドミントン」と言うのが正しいですが、前者が競技志向で取り組んでいるもの、後者が公園で遊ぶなどのレクリエーションのもの、と言う使い分けがされていることもあるようです。

本格的に「バドミントン」をしている人が「バトミントン」と言われると不快に感じるという方もいるようですので、この辺りは注意です。

「コミュニケーション」と「コミニュケーション」どっちが正しい?まとめ

「コミュニケーション」と「コミニュケーション」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「コミニュケーション」ではなく「コミュニケーション」が正しい
  • 「コミュニケーション」「コミニュケーション」に限らず判断に迷った際は英語の綴りを確認すると良い

外来語の場合は英語の綴りを確認すると読み方に関しては大抵何とかなりますが、和製英語だとそうはいかないので注意です。

「チョコレート」と「ショコラ」の違いは何?「チョコレート」と「ショコラ」の違いは何かご存知でしょうか。 「チョコレート」は私たちにとって馴染み深く幅広い世代で食べられるお菓...
「クレヨン」と「クレパス」と「クーピー」の違いは何?保育園や幼稚園などの小さい頃には、絵を描く際に「クレヨン」や「クレパス」、「クーピー」といったものを使っていたかと思います。どれも似たよ...
「ズボン」と「パンツ」と「ボトム」の違いは何?「ズボン」「パンツ」「ボトム」と聞くと同じものを思い浮かべる方が多いと思いますが、これらの言い方の違いは何なのか気になったことはないでし...