違い

「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違いは何?

12月24日,25日はそれぞれ「クリスマスイブ」「クリスマス」として、恋人や家族と過ごす大切な日ということで多くの方に親しまれています。デートやプレゼント選びなど何かと大忙しな方も多いのではないでしょうか。

しかし、恋人や家族と過ごす大切な日として日本では親しまれていますが、そもそも「クリスマス」「クリスマスイブ」は、どういった日なのでしょうか。何気なく毎年過ごしているので、当たり前のような感じになっていますが、どんな日か知らないという方も多いと思います。

この記事で、「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違いについて見ていきましょう。

「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違い

「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違い

「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違いは以下の通りです。

  • クリスマス」:イエス・キリストの降誕を祝う祭りのことで、12月24日の日没から12月25日の日没までのこと
  • クリスマスイブ」:「クリスマス」の夕方・夜のことで、12月24日の日没から24日の0時00分までのこと

「クリスマス」とはイエス・キリストの降誕を祝う祭りのことで、12月24日の日没から12月25日の日没までのこと、「クリスマスイブ」は「クリスマス」の夕方・夜のことです。

「クリスマス」「クリスマスイブ」とは

「クリスマス」「クリスマスイブ」とは

「クリスマス」について詳しく

「クリスマス」とはイエス・キリストの降誕を祝う祭りのことです。みなさんご存知の通り、「クリスマス」は毎年12月25日です。

「クリスマス」はしばしば、イエス・キリストの誕生日と勘違いされてしまいがちですが、誕生日ではなく降誕の日です。

一般的な暦としては12月25日のこと「クリスマス」としますが、ユダヤ暦を継承している教会暦では、日没した時間を日付の変わり目としているため、正確に言うと「クリスマス」というのは12月24日の日没から12月25日の日没までのことを指します。

なので、12月25日の夜には「クリスマス」は終了しているということになり、夜は通常の日となります。

日本では季節のイベントとして捉えられており、「クリスマスイブ」に行うことの方が多いですが、この日にパーティーやプレゼント交換をしたりと、様々な催しがされます。

「クリスマスイブ」について詳しく

「クリスマスイブ」とは「クリスマス」の夕方・夜のことです。

「クリスマスイブ」もしばしば、「クリスマス」の前日と勘違いしてしまいがちですが、「クリスマスイブ」は「クリスマス」の夕方・夜のことを指します。「イブ(eve)」というのは「イブニング(evening)」の略称で、夕方、晩という意味があります。

また、「クリスマスイブ」が前日という勘違いから、12月23日のことを「イブイブ」などの呼称をすることもありますが、これも間違いなので注意です。

「クリスマス」が12月24日の日没から12月25日の日没までのことを指すということから、「クリスマス」と「クリスマスイブ」は実は同じ日にちで、「クリスマスイブ」は12月24日の日没から24日の0時00分までのことを指します。

日本では、主に「クリスマスイブ」パーティーやプレゼント交換をしたり、家族や恋人と過ごすことが多いです。

「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違いは何?まとめ

「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • クリスマス」:イエス・キリストの降誕を祝う祭りのことで、12月24日の日没から12月25日の日没までのこと
  • クリスマスイブ」:「クリスマス」の夕方・夜のことで、12月24日の日没から24日の0時00分までのこと

「クリスマス」と「クリスマスイブ」について実は勘違いをしていた、という方は意外にも多そうです。日本で、ユダヤ教やキリスト降誕のことを考えて過ごされる方は少ないと思いますが、何より楽しむのが1番です。ぜひ、参考にされて見てください。