違い

「チョコレート」と「ショコラ」の違いは何?

チョコレート」と「ショコラ」の違いは何かご存知でしょうか。

「チョコレート」は私たちにとって馴染み深く幅広い世代で食べられるお菓子ですが、似たようなものに「ショコラ」というものもあるので、何が違うのか気になりますよね。

この記事で、「チョコレート」と「ショコラ」の違いについて見ていきましょう。

「チョコレート」と「ショコラ」の違い

「チョコレート」と「ショコラ」の違い

「チョコレート」と「ショコラ」の違いは以下の通りです。

  • チョコレート」:「カカオ」の種子を発酵・焙煎した「カカオマス」を主原料に、砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品。英語。
  • ショコラ」:「カカオ」の種子を発酵・焙煎した「カカオマス」を主原料に、砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品。フランス語

「チョコレート」と「ショコラ」は基本的には同じもので言語が違うだけになります。「チョコレート」は英語、「ショコラ」はフランス語です。

「チョコレート」「ショコラ」とは

「チョコレート」「ショコラ」とは

「チョコレート」について詳しく

「チョコレート」とは「カカオ」の種子を発酵・焙煎した「カカオマス」を主原料に、砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品のことを指します。

「チョコレート」は英語で。「chocolate」と表記します。

今でこそ、「チョコレート」と聞くと固形物のイメージですが、イギリスが固形の「チョコレート」を考案するまでは、「チョコレート」と聞くと「ホットチョコレート」などの飲み物のことを指していました。

「チョコレート」と、後述する「ショコラ」は言語の違いだけで基本的には同じものを指しますが、「チョコレート」は特に「ケーキ」などのように加工されたものではなく、加工前の素材そのものを指す場合に使われることが多い呼び方です。

「ショコラ」について詳しく

「ショコラ」とは基本的には「チョコレート」と同じ意味で、フランス語表記のものです。

「ショコラ」とは「チョコレート」のフランス語表記で、「chocolat」と書きます。

「ショコラ」という言葉は「チョコレート」に比べるとオシャレな雰囲気があるため、単に「チョコレートケーキ」ではなく「ショコラケーキ」という名称にして販売される場合もあります。また、「ショコラ」が名前につくお菓子として「ガト―ショコラ」「フォンダンショコラ」が有名ですが、「ガトー」は「ケーキ」という意味、「フォンダン」は「溶ける」という意味のフランス語であるため、「チョコレート」ではなく「ショコラ」が使われています。

「チョコレート」は加工前に使われることが多い呼称ですが、「ショコラ」は加工されたものに使われることが多いです。

ヨーロッパなどでは「チョコレート」「ショコラ」でお菓子を作る職人のことを「ショコラティエ」と呼びます。

「チョコレート」と「ショコラ」の違いは何?まとめ

「チョコレート」と「ショコラ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • チョコレート」:「カカオ」の種子を発酵・焙煎した「カカオマス」を主原料に、砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品。英語。
  • ショコラ」:「カカオ」の種子を発酵・焙煎した「カカオマス」を主原料に、砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品。フランス語

「チョコレート」は英語、「ショコラ」はフランス語で、基本的には同じものを指します。ぜひ、参考にされて見てください。

「デカフェ」と「カフェインレス」と「ノンカフェイン」の違いは何?「カフェイン」には運動能力を高める効果や、眠気覚まし効果などの素晴らしい効果があり、コーヒーや紅茶、栄養ドリンクなどによく含まれています...
「ニット」と「セーター」の違いは何?寒い冬の時期には欠かすことができない「ニット」と「セーター」、これらの違いは何かご存知でしょうか。 普段何気なく着ている方も多いと...
「ココナッツ」と「ヤシの実」の違いは何?「ココナッツ」と「ヤシの実」は何が違うのかご存知でしょうか。「え?そういえばどんな違いがあるんだろう?同じものじゃないの?」と思われがち...