違い

「交代」と「交替」の違いは何?

交代」と「交替」ともに「こうたい」と読む「入れ替わる・入れ替わり」を意味する言葉ですが、これらの使い分け・違いについて困ったことはないでしょうか。

どちらも同じ意味なので、こういう場面ではどちらの「こうたい」を書けば良いのかがイマイチ分からない、ということがあると思います。

「交代」と「交替」の違いについて一緒に見ていきましょう。

「交代」「交替」とは

「交代」「交替」とは

「交代」について詳しく

「交代」には役目や役割が変わること・役目がその1回限りで変わることという意味があります。

「入れ替わる・入れ替わり」という意味があるのはもちろんのこと、役目がその1回限りで変わること、つまりはある人から受け継いだ役割を、自分や他の人がその入れ替わりとなって引き継ぐということですね。

分かりやすい言葉で「世代交代」という言葉がありますが、「世代交代」は交代したらその1回きりで、再び巡り巡って回ってくることはありませんよね。他には「政権交代」などがあります。

「交替」について詳しく

「交替」には役目や役割が変わること・替わりあうという行為が何回も繰り返されることという意味があります。

「交代」と同じように役目や役割が変わること、という意味が含まれていますが、それにプラスアルファで替わりあうという行為が何回も繰り返されることという意味があります。

「交代」は1回限りですが、「交替」に関しては何回も繰り返して変わるという意味があります。

分かりやすい言葉で「選手交替」がありますが、バレーボールなどの競技は選手の入れかえが繰り返されるので「選手交替」、野球に関してはベンチに下がった選手はもう試合に出ることはできないので「選手交代」ということなり、このように使い分けをすることができます。

「交代」「交替」の違い・使い分け

「交代」「交替」の違い・使い分け

入れ替わりや役目が1回限りで終わる場合は「交代」

入れ替わりや役目が1回限りで終わる場合は「交代」を使います。

上でも例を少し挙げましたが、野球はベンチに下がった選手はもう試合に出ることはできないので「選手交代」となり、「政権」や「世代」と言ったものも、1回限りの入れ替わりなので「交代」を使います。

また、必ずしも順番が回ってくるという保証がないというときも、「交代」の方の「こうたい」を使うことがあるようです。

何回も繰り返し入れ替わる・ローテーションの場合は「交替」

何回も繰り返し入れ替わる・ローテーションの場合は「交替」を使います。

一大プロジェクト完成させるために、朝と夜で何回も繰り返し入れ替わって仕事をするというときは「交替」を使い、バレーボールなどの競技は選手の入れかえを繰り返して試合を行うので「選手交替」となります。

こう言った使い分けがされているのですが、バレーボールでも「選手交替」ではなく「選手交代」と書かれていることが多いです。

例外もある

江戸時代の「諸藩の幕府への反乱を防ぐための自分の領地と江戸とを行き来する制度」である「参勤交代」は、繰り返し行われているのにも関わらず「交代」が使われています。

上記の使い分けのように「参勤交替」と表記されることもありますが、基本的には「参勤交代」と表記がされます。このように例外もあるので注意です。

「交代」と「交替」の違いは何?まとめ

「交代」と「交替」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 交代」:役目や役割が変わること・役目がその1回限りで変わること
  • 交替」:役目や役割が変わること・替わりあうという行為が何回も繰り返されること

「交代」は1回限りの入れ替わり、「交替」は何回も繰り返し入れ替わる、という使い分けをすることができます。これを覚えておけばこの先迷うことはないと思います。

ただ、「参勤交代」やテレビなどでの表記のように一部例外もあるので、その辺りは注意してくださいね。

「始め」と「初め」の違いは何?何かの文章を書く際に「始め」と「初め」の使い分けで迷ったことはないでしょうか。意外とこの使い分けが難しく混同している方が多い印象です。 ...
「出身地」と「出生地」の違いは何?私たちが生まれ育ってきた地域、国や県のことを「出身地」「出生地」と言ったりしますが、この2つの違いは何のかご存知でしょうか。 同じ...
「修理」と「修繕」と「修復」と「補修」の違いは何?何が壊れてしまったり故障してしまったときには、それを直すという作業をしますが、その作業を表す言葉として「修理」「修繕」「修復」「補修」の...