違い

「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」と「アスファルト」の違いは何?

セメント」「モルタル」「コンクリート」「アスファルト」それぞれ建築資材として有名ですが、これらは一体何が違うのかご存知でしょうか。

これらは似ているようで実は全く違うものを指しています。

この記事で、「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」と「アスファルト」の違いについて見ていきましょう。

「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」と「アスファルト」の違い

「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」と「アスファルト」の違い
  • 「セメント」:灰白色をした粉末で、水との化学反応によって接着・凝固する無機質接着剤の総称のこと
  • 「モルタル」:「セメント」に砂と水を加えて練り合わせたもの
  • 「コンクリート」:「セメント」に砂、砂利、水を加えて練り合わせたもの
  • 「アスファルト」:原油などに含まれる炭化水素を主成分とする黒い物質のこと

「セメント」「モルタル」「コンクリート」「アスファルト」とは

「セメント」「モルタル」「コンクリート」「アスファルト」とは

「セメント」について詳しく

「セメント」とは灰白色をした粉末で、水との化学反応によって接着・凝固する無機質接着剤の総称のことです。

「セメント」は石灰石粘土などを原料とし、それらに熱を加えて粉砕して粉末とし、使用されます。水との化学反応によって接着・凝固する性質を持っていますが、強度は弱いために単体で使われることはなく、何かの材料と合わせて接着剤として役割をすることが主です。

「セメント」と聞くと、後に詳しく触れます「モルタル」や「コンクリート」をイメージしますが、歯科医などの建築関係以外の場でも接着剤としての役割を担っています。

「モルタル」について詳しく

「モルタル」とは「セメント」に砂と水を加えて練り合わせたもののことです。

「モルタル」は前述の「セメント」に砂と水を加えて練り合わせたものです。

主な用途は、床や壁の上塗りや下地塗り、タイルの接着、ブロックやレンガの目地や、後に詳しく触れます「コンクリート」表面の仕上げに使われます。

「コンクリート」について詳しく

「コンクリート」とは「セメント」に砂、砂利、水を加えて練り合わせたもののことです。

「コンクリート」は「セメント」に砂、砂利、水を加えて練り合わせたものです。

砂だけでなく砂利を混ぜることによって、より強い強度を持つことができる「コンクリート」は土木・建築関係において幅広く使われています。しかし、「コンクリート」は圧縮力に強い一方で、引張力に弱いという性質があるため、そこに鉄筋をいれて「鉄筋コンクリート」として使うのが一般的なようです。

また、「コンクリート」が固まっていない状態のことを、「生コンクリート」もしくは「生コン」といって区別をする場合もあります。

「アスファルト」について詳しく

「アスファルト」とは原油などに含まれる炭化水素を主成分とする黒い物質のことです。

「アスファルト」は原油に含まれている炭化水素によって主に作られます。

主に道路の舗装などに使用されます。「アスファルト」は単価が安め、撥水性に優れている、固まればすぐに使用でき工事期間が短めに済むなどのメリットがあります。

一方で、「アスファルト」の油は熱を加えると柔らかくなる性質を持っており、日に当たると柔らかくなり車のタイヤの跡がつくなどの影響があり、また、暑いと高温になりやすいため、周囲の温度を上昇させてしまうというデメリットもあります。

「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」と「アスファルト」の違いは何?まとめ

「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」と「アスファルト」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「セメント」:灰白色をした粉末で、水との化学反応によって接着・凝固する無機質接着剤の総称のこと
  • 「モルタル」:「セメント」に砂と水を加えて練り合わせたもの
  • 「コンクリート」:「セメント」に砂、砂利、水を加えて練り合わせたもの
  • 「アスファルト」:原油などに含まれる炭化水素を主成分とする黒い物質のこと

同じようなものに思われてしまいがちですが、どれも特徴があり、それによって使用される場面が異なっています。ぜひ、参考にされて見てください。