違い

「セロハンテープ」と「セロテープ」の違いは何?

セロハンテープ」と「セロテープ」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも便利なテープのことを指し、名称が少し異なるだけで同じものと扱われてしまいがちですが、「セロハンテープ」と「セロテープ」では微妙に違いがあります。

この記事で、「セロハンテープ」と「セロテープ」の違いについて見ていきましょう。

「セロハンテープ」と「セロテープ」の違い

「セロハンテープ」と「セロテープ」の違い

「セロハンテープ」と「セロテープ」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • セロハンテープ」:「セロハン」の片面に接着剤を塗布してロール状にした文房具のこと。アメリカ合衆国の「3M社」によって開発された
  • セロテープ」:「セロハン」の片面に接着剤を塗布してロール状にした文房具のこと。株式会社「ニチバン(当時の日絆工業株式会社)」によって開発された

「セロハンテープ」と「セロテープ」はどちらも同じ意味ですが、前者はアメリカ合衆国の「3M社」が、後者は株式会社「ニチバン(当時の日絆工業株式会社)」によって開発され、その開発元に違いがあります。

「セロハンテープ」「セロテープ」とは

「セロハンテープ」「セロテープ」とは

「セロハンテープ」について詳しく

「セロハンテープ」とは「セロハン」の片面に接着剤を塗布してロール状にした文房具のことです。

セロハン」とは基材、支持体となるもののことで、木材パルプから作られ、それに接着剤を塗布して「セロハンテープ」として使い、張り紙をする際や工作をする際に用いられます。

「セロハンテープ」は1930年にアメリカ合衆国の「3M社」によって開発され、当初は、輸送中の荷物を湿気から守るために、防湿効果の高い「セロハン」を活用しようとして開発されたものでしたが、この用途では製品化また実用化されずに、テープでの製品化となり、現在に至ります。

「セロテープ」について詳しく

「セロテープ」とは「セロハン」の片面に接着剤を塗布してロール状にした文房具のことです。

基本的な意味は「「セロハン」の片面に接着剤を塗布してロール状にした文房具のこと」と、「セロハンテープ」と変わりません。しかし、「セロハンテープ」はアメリカ合衆国の「3M社」が、「セロテープ」は株式会社「ニチバン」が製造販売している「セロハンテープ」の商品名という、開発元に違いがあります。「セロテープ」は「ニチバン」が保有する登録商標なので、他の会社は「セロテープ」という名称を使うことはできません。

戦後、アメリカが事務目的で日本へ「セロハンテープ」を輸送した際に、「ニチバン(当時の日絆工業株式会社)」が、製造を打診して開発に漕ぎ着け、現在に至ります。

「セロテープ」は国内初の「セロハンテープ」で、国内には「セロテープ」しかなかったため、日本では普通名詞として「セロテープ」が使われるようになっています。

「セロハンテープ」と「セロテープ」の違いは何?まとめ

セロハンテープ 【意味】「セロハン」の片面に接着剤を塗布してロール状にした文房具のこと
【備考】アメリカ合衆国の「3M社」によって開発された
セロテープ 【意味】「セロハン」の片面に接着剤を塗布してロール状にした文房具のこと
【備考】株式会社「ニチバン(当時の日絆工業株式会社)」によって開発された

「セロハンテープ」と「セロテープ」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「アンティーク」と「ヴィンテージ」の違いは何?「アンティーク」と「ヴィンテージ」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも長い歳月が経った価値が高いものを指す言葉ですが、これらの違いは非...
「マフラー」と「ストール」の違いは何?「マフラー」と「ストール」の違いは何かご存知でしょうか。秋や冬などの寒い時期になると大活躍するものですが、似たようなものなので混同して使...
「リデュース」と「リユース」と「リサイクル」の違いは何?「リデュース」と「リユース」と「リサイクル」の違いは何かご存知でしょうか。これらはそれぞれの頭文字を取って「3R」としてまとめられていま...