違い

「心肺停止」と「死亡」の違いは何?

新聞やニュースなどの報道を見ていると、「心肺停止」や「死亡」という言葉を耳にすることがあると思います。「心肺停止」というのはつまり「呼吸」と「心臓」が止まっている状態なので、それはもう「死亡」なのではないかと思ったことはないでしょうか。

報道で区別がされているので、そこには明確な違いがありそうですよね。

「心肺停」と「死亡」は何が違くて、どうやって使い分けているのでしょうか。

「心肺停止」と「死亡」の違い

「心肺停止」と「死亡」の違い

「心肺停止」と「死亡」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 心肺停止」:「呼吸」と「心臓」が止まっている状態で、誰でも判断することができる
  • 死亡」:「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」の4つの項目を確認して医師が判断するもの

「心肺停止」とは「呼吸」と「心臓」が止まっている状態、「死亡」とは「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」の4つの項目を確認して、医師が判断するものです。「心肺停止」は「呼吸」と「心臓」が止まっていることが分かれば誰でも判断することができますが、「死亡」に関しては4つの項目を確認して、医師しか判断することができません。

「心肺停止」「死亡」とは

「心肺停止」「死亡」とは

「心肺停止」について詳しく

「心肺停止」とは冒頭でも少し触れましたが「呼吸」と「心臓」が止まっている状態を指します。

心臓が停止してしまうと、脳に血液を来ることができなくなるため、およそ4~5分で回復不可能な障害を受けたり、脳死になってしまう恐れがあります。

その場合は、蘇生措置をするために素早い「心臓マッサージ」「人工呼吸」「AED(自動体外式除細動器)での処置」が重要になっていきます。

「心肺停止」は「呼吸」と「心臓」が止まっている状態なので、誰でも「呼吸」と「心臓」が止まっていれば「心肺停止」と判断することができます。

「死亡」について詳しく

「死亡」というのは、文字通り「死ぬ」ということを指しますが、日本では「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」の4つの項目を確認して「死亡」ということになります。

この4つを基準に誰でも「死亡」と判断できるという訳ではなく、医師のみが判断することができます。実際には「死亡」していても警察や消防の人では「心肺停止」までしか判断することができないため、医師の確認が取れるまではニュースなどの報道でも「心肺停止」という扱いになり、そのほとんどがこれにあたります。

医師以外の方が安易に「死亡」と判断してしまうと、蘇生可能な命でも救えなくなってしまう可能性があるので、こういった決まりになっているようです。

日本では医師が「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」の4つの項目を確認して「死亡」ということになりますが、海外では日本と同じという訳ではなく、日本で言う「心肺停止」が「死亡」の扱いだったり、「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」この3つを基準にして「死亡」と判断するケースもあるようです。

「軽傷」と「重傷」と「重体」と「軽症」と「重症」の違いは何?ニュースなどの報道で「軽傷」「重傷」「重体」「重症」「軽症」などの言葉をよく耳にします。何となく重い症状だとか酷い状態だとかは分かるので...

「社会死」について

「社会死」について

医師がいないと「死亡」の判断をすることはできませんが、それでも救急隊の方たちは生きているのか・亡くなっているのかを判断して多くの命を救うために判断しなければいけない場面があります。

そこで登場するのが「社会死」というものです。

「社会死」というのは医師が判断するまでもなく、誰がどう見ても死んでいる状態のことを指します。ミイラ化していたり、頭がなくなっていたり、胴が切断されている、などのケースですね。

非常にデリケートな問題ですが、「社会死」と判断されると基本的には救急搬送や延命措置などは行われません。「社会死」にも判断する基準はありますが、この判断は難しくこれを基に、警察や救急隊の方たちは判断しているんですね。

「心肺停止」と「死亡」の違いは何?まとめ

「心肺停止」と「死亡」とあわせて「社会死」について見ていきました。

呼称 意味 備考
「心肺停止」 「呼吸」と「心臓」が止まっている状態 医師以外も判断することができる
「死亡」 「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」の4つの項目を確認して医師が判断するもの 医師しか判断することができない

「心肺停止」は「呼吸停止」「心臓停止」という基準から誰しもが判断することができ、「死亡」は医師のみが「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」から判断するというものでした。報道での「心肺停止」と「死亡」の違い・使い分けにはこういった理由があるからなんですね。

「軽傷」と「重傷」と「重体」と「軽症」と「重症」の違いは何?ニュースなどの報道で「軽傷」「重傷」「重体」「重症」「軽症」などの言葉をよく耳にします。何となく重い症状だとか酷い状態だとかは分かるので...
「体勢」と「体制」と「大勢」と「態勢」の違いは何?「たいせい」と読む言葉はいくつかありますが、その中でも「体勢」「体制」「大勢」「態勢」の使い分けは難しいです。 この場面ではどの「...
「天気」と「天候」と「気候」と「気象」の違いは何?普段ニュース番組をあまり見ないという方でも、天気予報を確認して今日や明日、1週間の「天気」を確認する方が多いと思います。現在はアプリなど...