違い

「キャンディ」と「ドロップ」の違いは何?

砂糖を原料に、それを温めて小ささな球状にしたものを日本語では「」と言いますが、「キャンディ」や「ドロップ」とも言いますよね。

「キャンディ」が袋詰めをしたもの、「ドロップ」が缶詰にされたものと、メーカーによって名称が分けられているので、その違いで区別をしている方も多いと思いますが、実はそれは違います。

この記事で、「キャンディ」と「ドロップ」の違いについて見ていきましょう。

「キャンディ」と「ドロップ」の違い

「キャンディ」と「ドロップ」の違い

「キャンディ」と「ドロップ」の違いは以下の通りです。

  • キャンディ」:「飴」や「綿飴」「マシュマロ」「キャラメル」「アイス」といった砂糖や水飴を主原料とするお菓子の総称。日本では「飴」=「キャンディ」という認識で大丈夫だが、海外では注意が必要
  • ドロップ」:140~160度の高温で加熱して硬く仕上げた「ハードキャンディ」の一種

「キャンディ」は砂糖や水飴を主原料とするお菓子の総称、「ドロップ」は「キャンディ」の中の「ハードキャンディ」という種類の1つです。

「キャンディ」「ドロップ」とは

「キャンディ」「ドロップ」とは

「キャンディ」について詳しく

「キャンディ」とは砂糖や水飴を主原料とするお菓子の総称です。

「キャンディ」は砂糖や水飴を主原料とするお菓子の総称のことなので、どうしても「飴」というイメージが強いですが、「飴」だけでなく「綿飴」や「マシュマロ」「キャラメル」「アイス」なども「キャンディ」と言います。ただ、これは海外での認識なので、日本で「キャンディ」という場合は「飴」という認識で大丈夫です。

「キャンディ」は作り方によって「ハードキャンディ」と「ソフトキャンディ」とに分かれ、前者が140~160度の高温で加熱して硬く仕上げたもの、後者が100~125度の低温で加熱して柔らかく仕上げたものを指します。

「マシュマロ」「キャラメル」などは「ソフトキャンディ」に含まれます。

また、キシリトールなどの糖アルコール類を使った「シュガーレスキャンディ」、「チューイングガム」のように噛むことができる「チューイングキャンディ」などの種類もあります。

「ドロップ」について詳しく

「ドロップ」とは「ハードキャンディ」の一種です。

「ドロップ」は「ハードキャンディ」の一種で、140~160度の高温で加熱して硬く仕上げたものを指します。「ドロップ」以外にも「バタースコッチ」「タフィー」などの種類もあります。

日本では佐久間製菓株式会社から販売されている「サクマ式ドロップス」が有名で、「ドロップ」が缶詰にされたものと勘違いしていまいがちですが、そうでないので注意です。

「キャンディ」と「ドロップ」の違いは何?まとめ

「キャンディ」と「ドロップ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • キャンディ」:「飴」や「綿飴」「マシュマロ」「キャラメル」「アイス」といった砂糖や水飴を主原料とするお菓子の総称。日本では「飴」=「キャンディ」という認識で大丈夫だが、海外では注意が必要
  • ドロップ」:140~160度の高温で加熱して硬く仕上げた「ハードキャンディ」の一種

「キャンディ」と「ドロップ」は同じものとして扱われることも多いですが、実は明確な違いがあります。ぜひ、参考にされて見てください。

「ツナ」と「シーチキン」の違いは何?「ツナ」と「シーチキン」の違いは何かご存知でしょうか。 「サラダ」や「おにぎり」の具材など、何かと使われることが多いこれらの食品は...
「チーズケーキ」と「フロマージュ」の違いは何?「チーズケーキ」と「フロマージュ」の違いをご存知でしょうか。 この2つのお菓子は扱っているお店によってはかなり似ているので、そこに...
「ミニトマト」と「プチトマト」の違いは何?「トマト」には「ミニトマト」や「プチトマト」といった通常のサイズよりも一回りも二回りも小さなものがありますが、これら「ミニトマト」「プチ...