違い

「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の違いは何?

ダイエットや健康を意識した食べ物や飲み物の商品で、「カロリーゼロ」もしくは「カロリーオフ」の表示があるものがありますが、これらの違いは何なのかご存知でしょうか。

消費者庁が「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の正しい認識についてアンケート調査を行ったところ、大半の消費者はこれらの言葉の意味について正しい意味を理解していないという結果でした。

この記事で「カロリーゼロ」「カロリーオフ」について詳しく見ていきましょう。

「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の違い

「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の違い

「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の違いは以下の通りです。

  • カロリーゼロ」:食品・飲料100g、mlあたり5kcal未満のもの
  • カロリーオフ」:食品100gあたり40kcal未満、飲料100mlあたり20kcal未満のもの

「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」には食品・飲料100gにあたりに含まれているカロリーに違いがあります。

「カロリーゼロ」であれば食品・飲料ともに100g、mlあたり5kcal未満のもの、「カロリーオフ」であれば食品100gあたり40kcal未満、飲料100mlあたり20kcal未満のものを指します。

「カロリーゼロ」「カロリーオフ」とは

「カロリーゼロ」「カロリーオフ」とは

「カロリーゼロ」について詳しく

「カロリーゼロ」とは食品・飲料100g、mlあたり5kcal未満のものを指します。カロリーがゼロと言っても、本当に0という訳ではなく、0~5kcalの間であれば「カロリーゼロ」と表記することができます。

手頃なサイズの500mlのペットボトルに「カロリーゼロ」と表記されている場合は、100mlで5kcal未満ですので、25kcal未満のカロリーが含まれているということになります。

また、「カロリーゼロ」の他にも「ゼロカロリー」「ノンカロリー」「レスカロリー」などの表記でも問題がないということになっており、この場合の意味は「カロリーゼロ」のときと全く一緒になっています。

「カロリーゼロ」だからと言って、本当にカロリーが0という訳ではないんですね。

「カロリーオフ」について詳しく

「カロリーオフ」とは食品100gあたり40kcal未満、飲料100mlあたり20kcal未満のものを指します。

「カロリーゼロ」のときと同じように、「カロリーオフ」の他にも「ローカロリー」「低カロリー」「カロリー控えめ」「ライト」などの表示がされることがあり、この場合も「カロリーオフ」と同じ意味です。

また、「カロリー○○%カット」という商品もありますが、こちらは割合としては25%以上で、食品100gあたり40kcal、飲料100mlあたり20kcal以上減少させて表記することができる、という決まりになっています。その後は、従来の商品と、カロリーをカットした商品を比べてどのくらいカロリーをカットできたかを見て「カロリー○○%カット」と表示させます。

「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の違いは何?まとめ

「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • カロリーゼロ」:食品・飲料100g、mlあたり5kcal未満のもの
  • カロリーオフ」:食品100gあたり40kcal未満、飲料100mlあたり20kcal未満のもの

通常のものよりは「カロリーオフ」、「カロリーオフ」よりは「カロリーゼロ」が、という順番でカロリーが減っていきます。「ゼロカロリー」と「カロリーオフ」の正しい意味を理解して、ダイエットや健康維持に繋げていきましょう。

「デカフェ」と「カフェインレス」と「ノンカフェイン」の違いは何?「カフェイン」には運動能力を高める効果や、眠気覚まし効果などの素晴らしい効果があり、コーヒーや紅茶、栄養ドリンクなどによく含まれています...
「一味唐辛子」と「七味唐辛子」の違いは何?「一味唐辛子」と「七味唐辛子」の違いは何かご存知でしょうか。 どちらも調味料や薬味として欠かせないものですが、どちらがどんな料理に...
「有酸素運動」と「無酸素運動」の違いは何?筋力トレーニングやダイエットなどはお馴染みの「有酸素運動」「無酸素運動」ですが、これらの意味や違いはご存知でしょうか。 聞いたこと...