違い

「BS」と「CS」の違いは何?

BS」と「CS」の違いは何かご存知でしょうか。テレビを見ている方であれば割とお馴染みの言葉だとは思いますが、放送されている番組の他、この2つにはどんな違いがあるのか知っている方は、意外にも少ないのではないかと思います。

この記事で、「BS」と「CS」の違いについて見ていきましょう。

「BS」と「CS」の違い

「BS」と「CS」の違い

「BS」と「CS」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • BS」:「放送衛生」を使った放送のこと
  • CS」:「通信衛生」を使った放送のこと

「BS」と「CS」では中継する衛星が異なり、「BS」は「放送衛生」、「CS」は「通信衛生」を使って放送をしています。「BS」は基本的には無料で、高画質ハイビジョンな、スポーツ、ドラマ、子供向け番組などの幅広いジャンルの番組が、「CS」は有料で、スポーツ、科学、歴史、ドキュメンタリー番組などの専門性の高い番組が豊富となっています。

「BS」「CS」とは

「BS」「CS」とは

「BS」について詳しく

「BS」とは「放送衛生」を使った放送のことです。

「BS」は「Broadcast Satellite」の略称で、日本語に訳すと「放送衛生」で、日本では「放送衛星」「衛星放送」「BS放送」などの呼称で親しまれています。一般の方が視聴する放送のために作られそして運用されている放送専用の衛星、それが「BS」です。

放送局からの電波を人工衛星が中継することによって、各家庭でその放送を視聴することが出来るという仕組みとなっています。

「BS」こと「放送衛生」は東経110°の軌道上にあるため、視聴するためにはそれに対応した受信機が必要となりますが、地上波でNHKを受信できる家では同じように「BS」放送も受信することができます。「BS」は民放各社の放送の視聴に関しては基本的には無料で、高画質ハイビジョンな、スポーツ、ドラマ、子供向け番組などの幅広いジャンルの番組が放送されています。ただ、視聴は無料となっているので地上波と同じように間に都度CMが入ります。

「BS」には「WOWOW」「スターチャンネル」「ディズニーチャンネル」などがありますが、これらに関しては有料で、別途契約が必要となりますが、こちらは間にCMが入りません。

「CS」について詳しく

「CS」とは「通信衛生」を使った放送のことです。

「CS」は「Communication Satellite」の略称で、日本語に訳すと「通信衛生」です。「CS」はその名の通り通信を目的として作られた衛星で、当初は国から認可を受けた企業のみで使うことが出来る衛星でした。しかし、1989年に放送法が改正され、「CS」も一般の方に向けた放送が可能となりました。

「CS」は一般の方に向けた放送を配信していますが、誰もが見れるというわけではなく、視聴するためには別途「スカパー!」との契約が必要となり、有料となっています。「CS」で放送される番組は、スポーツ、科学、歴史、ドキュメンタリー番組などの専門性の高い番組が豊富です。

「BS」と「CS」の違いは何?まとめ

「BS」と「CS」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「BS」 「放送衛生」を使った放送 基本的には無料で、高画質ハイビジョンな、スポーツ、ドラマ、子供向け番組などの幅広いジャンルの番組が放送されている
「CS」 「通信衛生」を使った放送 有料で、スポーツ、科学、歴史、ドキュメンタリー番組などの専門性の高い番組が豊富

ぜひ、参考にされて見てください。

「シリアル」と「コーンフレーク」の違いは何?「シリアル」と「コーンフレーク」は何が違うかご存知でしょうか。名称が違うだけでこの2つは同じものとして思われてしまいがちですが、両者には...
「ダウンロード」と「インストール」の違いは何?突然ですが、「ダウンロード」と「インストール」の違いは何かご存知でしょうか。スマートフォンの普及に伴って、これらの言葉がそういった仕事に...
「ミニトマト」と「プチトマト」の違いは何?「トマト」には「ミニトマト」や「プチトマト」といった通常のサイズよりも一回りも二回りも小さなものがありますが、これら「ミニトマト」「プチ...