違い

「体」と「身体」の違いは何?

」と「身体」、どちらも「からだ」と読みますが、これらの使い分けで迷ったり・困ったりしたことはないでしょうか。言葉で伝える分には良いのですが、文章で書くときに「ん?」となることがあると思います。

この記事ではそんな「体」と「身体」の違いや使い分けについて解説をしています。

「体」と「身体」の違い

「体」と「身体」の違い

「体」と「身体」の意味・定義は以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 」:肉体のことを指しており、人間だけでなく生物全般で使われる言葉
  • 身体」:肉体だけでなく、心や精神などを含めたものも指しており、人間のみに使われる言葉

「体」は肉体のことを指しており、人間だけでなく生物全般で使われる言葉、「身体」は肉体だけでなく、心や精神などを含めたものも指しており、人間のみに使われる言葉です。

おからだに気をつけて」という言葉があった場合、「お体に気をつけて」だと、怪我や病気などの肉体に関することだけを心配している様子を表しますが、「お身体に気をつけて」だと、肉体のみならず心や精神のことも心配する・注意する表現になるので、漢字で表す際は「お体に気をつけて」ではなく、「お身体に気をつけて」の方が改まった言い回しになるので良いです。

「体」「身体」とは

「体」「身体」とは

「体」について詳しく

「体」は、肉体のことを指しており、人間だけでなく生物全般で使われる言葉です。

「体」という言葉を使う際は、こちらを使うことが一般的であり、常用漢字という公的文書や新聞などで使用する際の目安ともなっている漢字です。「身体」という漢字は常用漢字ではなく、常用漢字外で公的文書や新聞などで使用する場合は「からだ」とは読まずに「しんたい」と読みます。

「体」の語源は「殻(から)」という漢字に接続語の「だ」がついたものです。昔は魂がその肉体に宿っているか、宿っていないかで区別をして考えていたので、魂が入っていない肉体のこと「亡骸(なきがら)」などを「からだ」と呼んでいました。

現在ではそういった区別は特に行われていないので、生きている肉体でも使われるようになっています。

「身体」について詳しく

「身体」はその肉体だけでなく、心や精神などを含めたものも指しており、人間のみに使われる言葉です。

人間には「心」というものがあるのは分かりますが、動物にもあるにはあると思いますが、少し難しいところですね。

先ほども触れました、「身体」は常用漢字外で公的文書や新聞などで使用する場合は「からだ」とは読まずに「しんたい」と読みます。

「身」という漢字には「身に染みる」「身に余る」「身の程を弁える」などの心や精神、地位といった状態を表す意味でも使われており、それと生物全般の肉体のことを指す言葉である「体」と合わさった言葉で「身体」だと覚えれば、少しは分かりやすいと思います。

「体」と「身体」の違いは何?まとめ

「体」と「身体」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「体」 肉体のことを指しており、人間だけでなく生物全般で使われる言葉 常用漢字。「殻(から)」という漢字に接続語の「だ」がついたもの
「身体」 肉体だけでなく、心や精神などを含めたものも指しており、人間のみに使われる言葉 常用漢字ではない。公的文書や新聞などで使用する場合は「からだ」とは読まずに「しんたい」と読む

前者は、生物全般の肉体のことを指しており、後者は、肉体だけでなくその心や精神を表す言葉で、人間のみに使われるということでした。ぜひ、参考にされて見てください。

「当て逃げ」と「ひき逃げ」の違いは何?最近は煽り運転による事件が多発していますが、「当て逃げ」や「ひき逃げ」といった事件も私たちのすぐ近くで何年も前から起こっていますね。ここ...
「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違いは何?「パンケーキ」と「ホットケーキ」この2つの違いをご存知でしょうか。 薄いものが「パンケーキ」で、厚いものが「ホットケーキ」など、そ...
「食べ放題」と「バイキング」と「ビュッフェ」の違いは何?レストランやホテルなどでは、並べられた料理から好きな料理を好きなだけ食べることができる「食べ放題」形式のものがあります。 しかし、...