違い

「出身地」と「出生地」の違いは何?

私たちが生まれ育ってきた地域、国や県のことを「出身地」「出生地」と言ったりしますが、この2つの違いは何のかご存知でしょうか。

同じように意味に思われてしまいがちですが、この2つは同義ではありません。大事な書類でも「出身地」「出生地」を記載することがあるので、これらの違いはしっかりと覚えておきたいところです。

この記事で、「出身地」と「出生地」の違いについて見ていきましょう。

「出身地」と「出生地」の違い

「出身地」と「出生地」の違い

「出身地」と「出生地」の違いは以下の通りです。

  • 出身地」:自身の人格形成に大きな影響を及ぼした場所
  • 出生地」:生まれた土地のこと

「出生地」の生まれた土地のことは分かりやすいですが、「出身地」の自身の人格形成に大きな影響を及ぼした場所というのは少々難しい定義です。この辺りも含めても少し詳しく「出身地」「出生地」について見ていきましょう。

「出身地」「出生地」とは

「出身地」「出生地」とは

「出身地」について詳しく

「出身地」とはある程度の期間その土地で育ち、自身の人格形成に大きな影響を及ぼした場所を指すことが多いです。

「出身地」は法律などで明確な定義はされておらず、「○○大学出身」や「出身校」などでも「出身」が使われているように、ある程度の期間その土地で育ち、自身の人格形成に大きな影響を及ぼした場所、を指すことが多いようです。

様々なサイトで、国土交通省では生まれてから15歳までの間に最も長く住んだ地域のこと、と定義されていると記載していることが多いですが、この出所は明らかにされていません。ただ、自身の人格形成に大きな影響を及ぼした場所としてはこの定義も当てはまっていると言えます。

生まれてからずっとその土地で暮らしている、生まれ育った土地であれば「出身地」=「出生地」になります。親の仕事の影響で引っ越しを繰り返し、住む場所を転々としていて「出身地」がよく分からないという場合は、自身の人格形成に大きな影響を及ぼす、中学校卒業あたりに住んでいた地域を「出身地」とするのが良いです。

「出生地」について詳しく

「出生地」とは生まれた土地のことを指します。

「出生地」はその人が生まれた土地のことです。読み方は「しゅっしょうち」ですが、「しゅっせいち」と読まれる場合もあります。

ほとんどの方は病院の中で生まれるので、通常その病院・産婦人科の住所が「出生地」になります。中には車で病院へ移動中の車内の中、家の中などで生まれることもあるので、その場合はその生まれた場所が「出生地」となります。

「出生地」は親族との関係や族柄などが記載されている「戸籍謄本」にも住所が記載されるので、「出身地」とは違い法律的にも明確なものです。

「出身地」と「出生地」の違いは何?まとめ

「出身地」と「出生地」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 出身地」:自身の人格形成に大きな影響を及ぼした場所
  • 出生地」:生まれた土地のこと

生まれてからずっとその場所で暮らしていれば「出身地」=「出生地」になりますが、引っ越しなどを繰り返し住む場所が転々とすると「出身地」と「出生地」はイコールとはなりません。ぜひ、参考にされて見てくださいね。