違い

「細菌」と「ウイルス」の違いは何?

風邪を引いたり、インフルエンザにかかってしまう原因となるものに「細菌」「ウイルス」といったものがありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。

同じように思われてしまいがちな「細菌」と「ウイルス」ですが、実は全くの別物です。

この記事で、「細菌」と「ウイルス」の違いについて見ていきましょう。

「細菌」と「ウイルス」の違い

「細菌」と「ウイルス」の違い

「細菌」と「ウイルス」の違いは以下の通りです。

  • 細菌」:1~5μm前後の大きさの1つの細胞から成り立つ単細胞生物・微生物
  • ウイルス」:「細菌」の10分1から100分の1の大きさで、細胞がなく単純な構造で出来ている微生物

「細菌」は1つの細胞から成り立つ単細胞生物で、整った環境と餌があれば自力で増えることができます。「ウイルス」は細胞を持たず、生物に寄生することによって増殖します。

「ウイルス」と「細菌とは大きさや性質が異なるので、薬は異なり、「抗ウイルス薬」は治療薬が少なく、また開発段階のものが多いです。

「細菌」「ウイルス」とは

「細菌」「ウイルス」とは

「細菌」について詳しく

「細菌」とは1~5μm前後の大きさの1つの細胞から成り立つ単細胞生物・微生物のことを指します。

「細菌」は顕微鏡を使ってしか見ることができないほど小さな生物です。

「細菌」は周囲の環境が整っていて、餌となるものがあれば「細胞分裂」によって、自分と同じ「細菌」を複製・増殖させて繁殖することができます。

人体に有害な「細菌」として「サルモネラ菌」「赤痢菌」「大腸菌」「ブドウ球菌」「ボツリヌス菌」などがいますが、その反対に人体に有益であったり、食品加工や有機物の分解に利用される「善玉菌」「納豆菌」「乳酸菌」などもいます。

「細菌」には「抗菌薬」「抗生剤」「抗生物質」を用い、これらの薬が効かない、効きにくい「細菌」のことを「薬剤耐性菌」と言います。「抗菌薬」を用いることによって人によっては体内の「細菌」のバランスが崩れてしまうため、おなかの調子が悪くなってしまうことがあるようです。

「ウイルス」について詳しく

「ウイルス」とは「細菌」の10分1から100分の1の大きさで、細胞がなく単純な構造で出来ている微生物のことを指します。

微生物に分類はされていますが、正確に言うと「ウイルス」は生物ではありません。

「ウイルス」は「細菌」の10分1から100分の1の大きさと非常に小さく、光学顕微鏡では見ることができず、電子顕微鏡によってその姿を確認することができます。

「ウイルス」は「DNA」もしくは「RNA」のどちらか一方、そして持って細胞を持たず、「細菌」のように餌となるものを食べて増殖するということができません。しかし、「ウイルス」は人間などの生物の細胞に寄生して、その栄養素を取り込み増殖していきます。

私たちに病気を起こすことがある「ウイルス」としては「インフルエンザウイルス」「ノロウイルス」などが有名で、「風邪」もさまざまな「ウイルス」が原因で引き起こされます。

「ウイルス」は「細菌」とは大きさや性質が異なるので「抗菌薬」「抗生剤」「抗生物質」は効かず、「抗ウイルス薬」というものを使いますが、治療薬は少なく、また開発段階のものが多いです。

「細菌」と「ウイルス」の違いは何?まとめ

「細菌」と「ウイルス」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 細菌」:1~5μm前後の大きさの1つの細胞から成り立つ単細胞生物・微生物
  • ウイルス」:「細菌」の10分1から100分の1の大きさで、細胞がなく単純な構造で出来ている微生物

「細菌」「ウイルス」の厄介にならないためにも、うがいや手洗い、マスクを着用するなどの対策が重要です。もし何らかの病気になってしまった場合はすぐに病院にいってお医者様に診てもらうようにしてくださいね。

「A罫」と「B罫」の違いは何?ノートやルーズリーフは勉強をする上でとても大切なものです。その中でノートやルーズリーフの大きさを表す「A4」や「B5」と言った種類の他に...
「コミュニケーション」と「コミニュケーション」どっちが正しい?「コミュニケーション」と「コミニュケーション」どちらも同じような字面ですが、よく見ると「ュ」の位置が少し違いますね。 意思疎通や交...
「cc」と「ml」と「g」の違いは何?料理のレシピを見ながら調理をしていると「cc」「ml」「g」といった様々な単位が出てきます。レシピには「水200cc」と書いてあるけど、...