違い

「足下」と「足元」の違いは何?

この記事では、「足下」と「足元」の違いについて見ていきます。

「足下」と「足元」の違い

「足下」と「足元」の違い

「足下」と「足元」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 足下」:足の下部分のこと、またその周辺のこと。「足元」よりも範囲が狭い
  • 足元」:足の下部分のこと、またその周辺のこと。「足下」よりも範囲が広い

「足下」と「足元」の基本的な意味は同じなので、どちらの表記を使っても間違いという訳ではありません。ただ、それぞれ構成している「下」と「元」という漢字によってニュアンスに違いが生まれており、「足下」は「足元」よりもその範囲が狭いです。

「足下」「足元」とは

「足下」「足元」とは

「足下」について詳しく

「足下」とは足の下部分のこと、またその周辺のことです。

「アシモト」と読むのが一般的ですが、「アシシタ」もしくは「ソッカ」と読むこともあります。

後述する「足元」とは基本的な意味は同じで、そのように扱われることも多いですが、微妙にニュアンスが異なっており、それによって使い分けをされることがあります。「足下」は「足の下」と書く通り、足の真下という意味合いが強く、またこの意味合いから、自分の支配の及んでいる範囲や、自身の影響下にあるものを示すことも多いです。

ただし、後述する「足元」とは基本的な意味は同じなので、どちらの表記を使っても間違いという訳ではありません。

「足元」について詳しく

「足元」とは足の下部分のこと、またその周辺のことです。

前述の「足下」と基本的な意味は同じですが、足が付いているその場所から1~2歩程の範囲を指し、示す範囲は「足下」よりも広いです。使われている「元」という漢字には「物事や事柄の始めとなる部分」という意味があり、「土台」や「根拠」と言った意味合いがあります。

どちらの表記を使っても間違いではありませんが、「元」が「常用漢字」であることから、新聞及び新聞用語集などでは「足下」では無く「足元」の表記で統一されています。

「常用漢字」とは新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことです。

「足下」と「足元」の違いは何?まとめ

足下 意味】足の下部分のこと、またその周辺のこと
備考】基本的な意味は「足下」と同じ。「足元」よりも範囲が狭い
足元 意味】足の下部分のこと、またその周辺のこと
備考】基本的な意味は「足元」と同じ。「足下」よりも範囲が広い。新聞及び新聞用語集などではこちらが使われる

「足下」と「足元」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「合計」と「総計」と「累計」の違いは何?「合計」と「総計」と「累計」の違いは何かご存知でしょうか。どれも似たような意味、何かの数を合わせて数えたもの、というような意味を持った言...
「首席」と「主席」の違いは何?「首席」と「主席」の違いは何かご存知でしょうか。同じ意味に捉えてしまいがちなどちらも「しゅせき」と読む言葉ですが、意味は全く異なります。...
「川」と「河」と「河川」の違いは何?水が流れる陸地部分を「川」と言いますが、同じようなものに「河」や「河川」などがありますよね。この違いは一体何なのでしょうか。 この...