違い

「観賞」と「鑑賞」の違いは何?

「かんしょう」という言葉は「観賞」と「鑑賞」の2種類の漢字の表現することができます。

しかし、「映画をかんしょうする」という文のときには、「観賞」と「鑑賞」どちらを使えば良いのでしょうか。意外と分からないものですよね。

この記事で、「観賞」と「鑑賞」の違いについて見ていきましょう。

「観賞」と「鑑賞」の違い

「観賞」と「鑑賞」の違い

「観賞」と「鑑賞」の違いは以下の通りです。

  • 観賞」:動植物や景観などの自然を見て味わうこと、見て楽しむこと
  • 鑑賞」:芸術作品、人工物などを見てそれを理解し味わうこと

「観賞」と「鑑賞」の基本的な使い分けとしては、自然や、単純に見て楽しむものであれば「観賞」を、芸術作品や人工的なもの、その良し悪しを判断する場合は「鑑賞」を使います。

人それぞれどんな感情を抱くのかは違うため、「観賞」と「鑑賞」の使い分けは非常に難しいです。

「観賞」「鑑賞」とは

「観賞」「鑑賞」とは

「観賞」について詳しく

「観賞」とは動植物や景観などの自然を見て楽しむこと、味わうことを指します。

「観賞」の「観」には見るや眺めると言った意味が含まれています。「観賞魚」や「観葉植物」などでも「観」が使われているように、その対象は動植物や景観などの自然物です。

  • 桜を「観賞」した
  • 山を「観賞」する
  • 金魚や錦鯉には「観賞魚」が多い

「鑑賞」について詳しく

「鑑賞」とは芸術作品などを見てそれを理解し味わうことを指します。

「鑑賞」の「鑑」には「鑑定」や「鑑識」などでも用いられているように、その対象の良し悪しを考えて見分けるという意味があります。

そのため、見て楽しむだけでなく、それがどんなものなのか、その良し悪しを判断するのが「鑑賞」ということになります。

  • 映画を「鑑賞」した
  • 音楽会を「鑑賞」して、どの組が良かったか友達と話した
  • 彼の「鑑賞力」には目を見張るものがある

「映画をかんしょうする」という文の場合、こちらの「鑑賞」を使うのが基本ですが、単にその映画を見て楽しむ、娯楽性の高い映画であればこちらの「観賞」を使っても差し支えありません。

また、日常的に見る機会が多いテレビは、娯楽作品が多いため、こちらも見て楽しむ、ということから、こちらの「観賞」を使うことが多いです。

「観賞」と「鑑賞」の違いは何?まとめ

「観賞」と「鑑賞」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 観賞」:動植物や景観などの自然を見て味わうこと、見て楽しむこと
  • 鑑賞」:芸術作品、人工物などを見てそれを理解し味わうこと

「観賞」と「鑑賞」の基本的な使い分けとしては、自然や、単純に見て楽しむものであれば「観賞」を、芸術作品や人工的なもの、その良し悪しを判断する場合は「鑑賞」を使います。

判断が難しいので、人によって「観賞」と「鑑賞」は違いますが、ぜひ参考にされて見てください。