違い

「アパート」と「マンション」の違いは何?

アパート」と「マンション」は何が違うのかご存知でしょうか。

何となくの違いは分かっていても、明確な基準や定義、違いとなると「う〜ん」となってしまう方が意外にも多いと思います。

この記事で「アパート」と「マンション」の違いは何なのか一緒に確認していきましょう。

実は明確な区別は存在していない

実は明確な区別は存在していない

実は、驚くことに「アパート」と「マンション」の明確な区別は存在していないんです。

高級そうなのが「マンション」、2階建て以下の建物が「アパート」など、それぞれに抱いているイメージがあるとは思いますが、「アパート」と「マンション」の明確な区別は存在していません。あくまでも「アパート」と「マンション」は呼び方の1つなので、地域や管理している会社・不動産会社によってその呼び方は異なっていきます。

なので、こっちの不動産会社では「アパート」と紹介しているけど、あっちの不動産会社では「マンション」の扱いで紹介している、ということもあります。

それぞれの不動産会社や、建物を扱っている会社によって「アパート」と「マンション」の判断基準があり、その基準をもとに判断しているんですね。ただ、その判断基準もある程度は似通ったものになっているので、ここではそれらを紹介したいと思います。

「アパート」「マンション」とは

「アパート」「マンション」とは

「アパート」について詳しく

「アパート」とは、「Apartment(アパートメント)」を省略した和製英語で、日本では取り分けて木造・軽量鉄骨造(プレハブ)で、その構成上の制限により2階建てになっている低層住宅・賃貸物件のことを指します。

分譲住宅に対しても「アパート」と呼ぶこともあり、コンクリートで造られた3階以上のものもあります。また、エレベーターが設置してある「アパート」もありますが、これはかなり少ないです。

木造・軽量鉄骨造は、コンクリートで造られたものに比べると建築費用が安いため、「マンション」と比べると家賃が低めに設定されていることが多いです。

「マンション」について詳しく

「マンション」とは「アパート」と比べて比較的大規模な3階以上の鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートで造られた共同住宅のことを指します。

建物の構造が鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートなので、耐震性・耐久性・遮音性に優れていますが、鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートは建築費用がかかり、建物自体も3階以上と高いため「アパート」よりも家賃が高めに設定されていることが多いです。

「アパート」と比べると世帯数が多く、人の出入りが激しいため、オートロック機能やエントランスに監視カメラが設置してあったりと、セキュリティーの面で大変優れています。

「アパート」と「マンション」の違い

「アパート」と「マンション」の違い

階層と構造の違い

日本では、基本的には2階以下で木造・軽量鉄骨造(プレハブ)で造られているものを「アパート」、3階以上で鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートで造られているものを「マンション」と言い、階層と構造の違いがあります。

多くの不動産会社では、この階層と構造の違いによって「アパート」と「マンション」を区別しています。

建物の性能の違い

階層と構造の違いから、建物の性能にも違いが生まれています。

「アパート」は木造で造られているので地震に強いですが、壁が薄く防音性が低いのが特徴です。また、「マンション」はコンクリートで造られているので木造に比べると地震に弱いですが、壁が厚く防音性が高いのが特徴です。

また「マンション」は世帯数が多く、人の出入りが激しいため、オートロック機能やエントランスに監視カメラが設置してあったりと、セキュリティーの面で大変優れていますが、「アパート」はオートロックや監視カメラが設置されていないことが多く、セキュリティーの面で多少の不安があります。

家賃の違い

「アパート」は建造コストがかかるため、家賃が低めに設定してありますが、「マンション」はエレベーターなどの建造コストや、管理費用も別途かかるため家賃が高めに設定してあります。

「アパート」と「マンション」では家賃に違いがあるんですね。

家賃を極力抑えたいという方は「アパート」に注目して選んでみると良いです。

「アパート」と「マンション」の違いは何?まとめ

「アパート」と「マンション」の違いは何?まとめ
この記事のまとめ
  • 「アパート」とは
    →日本では取り分けて木造・軽量鉄骨造で、その構成上の制限により2階建てになっている低層住宅・賃貸物件のこと
  • 「マンション」とは
    →「アパート」と比べて比較的大規模な3階以上の鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートで造られた共同住宅のこと
  • 「アパート」と「マンション」には階層と構造、建物の性能、家賃に違いがある

「アパート」と「マンション」は明確な定義や違いはないものの、「アパート」は木造・軽量鉄骨造で造られた2階建てのもの、「マンション」は鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートで造られた3階以上のものを、日本では指すことが多いです。

「アパート」と「マンション」、その機能の違いによって変わるので、ぜひ参考にされて見てくださいね。