違い

「穴」と「孔」の違いは何?

窪んだ箇所や、凹んだ箇所などを総称して「」と呼称しますが、同じ読み方で「」という漢字表記もありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。日本語には、同じ読み方でも漢字が異なるものがあるので、この辺りが少しややこしいですよね。

この記事で、「穴」と「孔」の違いについて見ていきましょう。

「穴」と「孔」の違い

「穴」と「孔」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 」:一般的に、窪んだ箇所、向こうまで突き抜けた・貫通した箇所など。特に窪んだ箇所や、凹んだ箇所などの、向こう側へと貫通していない「あな」
  • 」:一般的に、窪んだ箇所、向こうまで突き抜けた・貫通した箇所など。特に向こう側へと貫通した「あな」や、人間が通ることができないような小さな「あな」

「穴」「孔」とは

「穴」「孔」とは

「穴」について詳しく

「穴」とは一般的に、窪んだ箇所、向こうまで突き抜けた・貫通した箇所などを指します。

「穴」は「常用漢字」です。「常用漢字」とは新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことです。なので、後述する「孔」との使い分けで迷った際は、「穴」を使えば問題ありません。

一般的に、窪んだ箇所、向こうまで突き抜けた・貫通した箇所などを指す「穴」ですが、後述する「孔」との明確な使い分けや定義はありません。しかし、「穴」と「孔」を使い分ける場合は、窪んだ箇所や、凹んだ箇所などの、向こう側へと貫通していない「あな」を指す場合が多いようです。

「孔」について詳しく

「孔」とは一般的に、窪んだ箇所、向こうまで突き抜けた・貫通した箇所などを指します。「穴」の項でも触れましたが、基本的な意味は、「穴」も「孔」も変わりません。

しかし、「穴」は「常用漢字」ですが、「孔」は「常用漢字」ではありません。公文書などでは「孔」ではなく「穴」が使用されます。

基本的な意味は「穴」も「孔」も変わらないという話をしましたが、「穴」と「孔」で使い分けをする場合は、「孔」は向こう側へと貫通した「あな」や、人間が通ることができないような小さな「あな」を指すことが多いようです。また、小さいことを強調する場合にも同様に使用されます。

「穴」と「孔」の違いは何?まとめ

「穴」と「孔」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「穴」 一般的に、窪んだ箇所、向こうまで突き抜けた・貫通した箇所など。特に窪んだ箇所や、凹んだ箇所などの、向こう側へと貫通していない「あな」 「常用漢字」
「孔」 一般的に、窪んだ箇所、向こうまで突き抜けた・貫通した箇所など。特に向こう側へと貫通した「あな」や、人間が通ることができないような小さな「あな」 「常用漢字」ではない

ぜひ、参考にされて見てください。

「科学」と「化学」の違いは何?「かがく」には「科学」と「化学」の2種類の漢字の表記の仕方がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 2つの表記があるのは...
「船」と「舟」の違いは何?「ふね」という言葉には「船」「舟」の2つの漢字をあてることができますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 「ふね」と聞くとこち...
「探す」と「捜す」の違いは何?「探す」と「捜す」の違いは何かご存知でしょうか。 どちらも何かを見つけるために努力するという意味で、また読み方も「さがす」で同じで...