違い

「食べ放題」と「バイキング」と「ビュッフェ」の違いは何?

レストランやホテルなどでは、並べられた料理から好きな料理を好きなだけ食べることができる「食べ放題」形式のものがあります。

しかし、同じように「食べ放題」形式のものに「バイキング」や「ビュッフェ」といった名称のものがあります。

これらの「食べ放題」「バイキング」「ビュッフェ」の違いは一体何なのでしょうか。この記事では「食べ放題」「バイキング」「ビュッフェ」の違いや意味についてまとめています。

「食べ放題」と「バイキング」と「ビュッフェ」の違い

「食べ放題」と「バイキング」と「ビュッフェ」の違い

「食べ放題」「バイキング」「ビュッフェ」ともに、一定の料金を支払うことによって、料理や飲み物などを好きなだけ食べる・飲むことができるサービスのことを意味しており、日本においては基本的に同じものとして考えて大丈夫です。

しかし、「食べ放題」に関しては日本語ということもあり理解ができますが、「バイキング」は和製英語であり、「ビュッフェ」はフランス語で、それぞれ本来は日本で使われている「食べ放題」という意味を表す単語ではありません。

  • 食べ放題」:日本語
  • バイキング」:和製英語
  • ビュッフェ」:フランス語

なので、海外に行っても「食べ放題」はもちろんのこと、「バイキング」や「ビュッフェ」と言っても「食べ放題」の意味で伝えるのが難しく、日本でも例外があります。

「バイキング」「ビュッフェ」とは

「バイキング」「ビュッフェ」とは

「バイキング」について詳しく

「バイキング」は日本においては「食べ放題」と同じ意味である一定の料金を支払うことによって、料理や飲み物などを好きなだけ食べる・飲むことができるサービスのことを指します。

しかし、これは日本で生まれた和製英語であるため、海外ではハワイなどの日本人観光客が多い場合のみに伝わることが多いようです。

「バイキング」は1957年、当時の帝国ホテルの社長が、旅先のデンマークにて食べ放題のサービスである「スモーガスボード」を体験、これを気に入り日本に持ち込んだのが始まりとされています。

食べ放題サービスをホテルで扱うために社内でそのサービスの名称を考案したところ「北欧と言えばバイキング(海賊)」と、当時公開されていた「バイキング」という映画で豪快な食事シーンがあったことから「インペリアルバイキング」という名称で食べ放題サービスを開始させました。

これが人気を博して他の店にも広がっていき「食べ放題サービス」=「バイキング」という図式が日本で定着していきました。

ちなみに英語では「All You Can Eat」が「食べ放題」の意味になります。

「ビュッフェ」について詳しく

「ビュッフェ」は日本においては「バイキング」と同じく「食べ放題」と同じ意味である一定の料金を支払うことによって、料理や飲み物などを好きなだけ食べる・飲むことができるサービスを指す、フランス語です。

しかし、本来は「食べ放題」という意味を表す言葉ではありません。

「ビュッフェ」は「立食」という意味で、セルフサービス形式の食事という意味があります。なので「食べ放題」ということではなく、日本でも食べたら食べた分だけ料金が発生する仕組みである場合もあるので注意です。

多くは「食べ放題」の意味で「ビュッフェ」だとは思いますが、店によって違うので、しっかりと確認をするようにしましょう。

「食べ放題」と「バイキング」と「ビュッフェ」の違いは何?まとめ

「食べ放題」「バイキング」「ビュッフェ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 食べ放題」:一定の料金を支払うことによって、料理や飲み物などを好きなだけ食べる・飲むことができるサービス
  • バイキング」:「食べ放題」と同じ意味だが、和製英語であるため海外では通じない場合もある
  • ビュッフェ」:日本では「食べ放題」と同じ意味であることが多いが、本場のフランスではセルフサービス形式の食事という意味があるため、本来の意味とは解離している

「食べ放題」「バイキング」「ビュッフェ」三者ともに、基本的には並べられた料理から好きなものを自分で選んで食べるというものですが、「ビュッフェ」に関してはセルフサービス形式の食事という場合もあるので、これは念頭に入れておいたほうが良さそうですね。