違い

「愛想」と「愛嬌」の違いは何?

愛想」と「愛嬌」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも似ような表現や意味なので混同してtyかってしまいがちですが、両者にはしっかりとした違いがあります。

この記事で、「愛想」と「愛嬌」の違いについて見ていきましょう。

「愛想」と「愛嬌」の違い

「愛想」と「愛嬌」の違い

「愛想」と「愛嬌」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 愛想」:人に対する応対の仕方、相手に好感が持たれる態度や言葉遣いのこと
  • 愛嬌」:表情や言動が愛らしいこと、ひょうきんで憎むことができない言動や仕草のこと

「愛想」と「愛嬌」では意味に違いがあることはもちろんですが、「愛想」に関しては好意的な態度や言葉遣いをしていればどんな方にでも使うことができ、「愛嬌」に関してはその人が元々持っている性質のことを指すため、使われる場面が違う、という点にも違いがあります。

「愛想」「愛嬌」とは

「愛想」「愛嬌」とは

「愛想」について詳しく

「愛想」とは人に対する応対の仕方、相手に好感が持たれる態度や言葉遣いのことです。

「愛想」は人に接する際に持たれる好意的な態度や言葉遣い、またそれらを示そうとする言動のことを指します。「愛想が良い」「愛想が悪い」などのように使われ、「愛想」がよく使われる表現としては「愛想笑い」「愛想が尽きる」などがあり、前者は「相手のご機嫌を取るための笑い」のこと、後者は「相手に心底呆れる様子」を表しています。

基本的に「良い」か「悪い」かで使われます。

また、「愛想」には接頭辞である「」を前につける事によって(お愛想)、「相手の機嫌をとるための言動そのもの」や「お客に対する気遣いやもてなし」「飲食店などにおいての勘定」といった意味も含むようになります。

「愛嬌」について詳しく

「愛嬌」とは表情や言動が愛らしいこと、ひょうきんで憎むことができない言動や仕草のことです。

「愛嬌」と表記されるのが一般的ですが、しばしば「愛敬」と表記されることもあります。

「愛想」に関しては好意的な態度や言葉遣いをしていればどんな方にでも使うことができますが、「愛嬌」に関してはその人が元々持っている性質のことを指すため、使われる場面が限られています。間違いやすい表現に「愛想を振りまく」「愛嬌を振りまく」というものがあり、本来は前者が正しい表現となっていますが、後者の表現も辞書に載るなど、現在では間違いな表現ではないようです。

また「愛想」と同様に「愛嬌」に関しても、接頭辞である「」をつける事によって(ご愛嬌)、「ちょっとしたサービス」「ちょっとした座興」などの意味に変化します。

「愛想」と「愛嬌」の違いは何?まとめ

愛想 【意味】人に対する応対の仕方、相手に好感が持たれる態度や言葉遣いのこと
【備考】接頭辞をつける事によって「相手の機嫌をとるための言動そのもの」や「お客に対する気遣いやもてなし」「飲食店などにおいての勘定」といった意味も含む
愛嬌 【意味】表情や言動が愛らしいこと、ひょうきんで憎むことができない言動や仕草のこと
【備考】接頭辞をつける事によって「ちょっとしたサービス」「ちょっとした座興」といった意味も含む

「愛想」と「愛嬌」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「知識」と「知恵」の違いは何?「知識」と「知恵」の違いは何かご存知でしょうか。似たような言葉なため、混同したり、同一のものとして考えてしまうこともあるとは思いますが、...
「対応」と「応対」の違いは何?「対応」と「応対」の違いは何かご存知でしょうか。何らかの問題に遭遇した時に対処するというようなニュアンスを持ったこれらの言葉ですが、この...
「推薦」と「推奨」の違いは何?日本語には似たような字面で同じような意味を持つものがたくさんあるので、日本人でも使い分けがとても難しいものですよね。「推薦」と「推奨」と...