違い

「溜める」と「貯める」の違いは何?

何かを集めてそこに留めておくことを「ためる」と言いますが、「ためる」という漢字には「溜める」と「貯める」の2種類があり、どちらを使えば良いのか分からない、ということが良くあります。「溜める」と「貯める」はどのように使い分ければいいのでしょうか。

この記事で、「溜める」と「貯める」の違いについて見ていきましょう。

「溜める」と「貯める」の違い

「溜める」と「貯める」の違い

「溜める」と「貯める」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 溜める」:時間をかけて何かを集めることや増やすこと、そのままにして留めておくこと
  • 貯める」:主に金品などを時間をかけて何かを集めることや増やすこと

「溜める」と「貯める」どちらも何かを集めることや増やすことを指しますが、「貯める」は主に金品を指します。迷った場合はより広い意味を持つ「溜める」を使うと良いです。

「溜める」「貯める」とは

「溜める」「貯める」とは

「溜める」について詳しく

「溜める」とは時間をかけて何かを集めることや増やすこと、そのままにして留めておくことを指します。

「溜」は水を意味する「氵」と、その場で動かさないようにするという意味の「留」が合わさった漢字で、元々は「水がその場に留まる」ことを意味していました。そこから転じて、水に関係なく何かを集めることや増やすこと、という意味に転じたとされています。

何か、というのは自身にとって有益なものもありますし、ゴミのように自身には有益となるもの以外でも使われます。

  • 有事に備えて水を「溜めて」おいた
  • 仕事が「溜まって」いく
  • 「溜まって」いたゴミを片付けた

「貯める」について詳しく

「貯める」とは主に金品などを時間をかけて何かを集めることや増やすことを指します。

何かを時間をかけて増やしていくことを指すという意味では「溜める」と同じですが、「貯める」に関してはその中でも主に金品を増やしていく、という際に使われます。

現在でこそ紙幣などが貨幣として使われていますが、昔は貝を貨幣として物の支払いをしていました。貨幣を意味する「貝」と、ものを蓄えておく保管箱を意味する「宁」が組み合わさっているため、時間をかけて何かを集めることや増やすことの中でも、「貯める」は特に金品を指すようになっています。

  • お金を「貯める」
  • 節約をしていたらいつの間にか100万円「貯まって」いた
  • ポイントが順調に「貯まって」きている

「溜める」と「貯める」の違いは何?まとめ

「溜める」と「貯める」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「溜める」 時間をかけて何かを集めることや増やすこと、そのままにして留めておくこと 元々は「水がその場に留まる」ことを意味していたが、意味が転じて広い意味を持つようになった
「貯める」 主に金品などを時間をかけて何かを集めることや増やすこと 主に金品に使われる

「溜める」と「貯める」どちらも何かを集めること・増やすことを指しますが、「貯める」は主に金品を指します。迷った場合はより広い意味を持つ「溜める」を使うと良いです。ぜひ、参考にされて見てください。

「交ざる」と「混ざる」の違いは何?「交ざる」と「混ざる」、どちらも「まざる」と読む言葉ですが、意外にも使い分けが難しくて迷ってしまうことがあります。 「男子の中に女...
「生かす」と「活かす」の違いは何?「いかす」という言葉には、「生かす」と「活かす」この2つでの漢字の表し方がありますが、これらの違いは何なのか気になったことはないでしょう...
「納める」と「収める」と「修める」と「治める」の違いは何?「おさめる」という言葉には「納める」「収める」「修める」「治める」などの複数個の漢字の表し方があります。 こんなにもあると、いざ書...