違い

「油」と「脂」の違いは何?

」と「」の違いは何かご存知でしょうか。料理であったり、ダイエットであったり、何かと使ったり意識したりすることが多い「あぶら」ですが、「油」と「脂」の違いを理解している方は意外にも少ないのではないかと思います。

この記事で、「油」と「脂」の違いについて見ていきましょう。

「油」と「脂」の違い

「油」と「脂」の違い

「油」と「脂」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 」:常温で液体の植物、動物、鉱物などから抽出される、燃えやすく、水に溶けにくい物質のこと
  • 」:常温で固体の植物、動物、鉱物などから抽出される、燃えやすく、水に溶けにくい物質のこと

「油」と「脂」では、常温の状態で、液体か固体かという違いがあります。液体か固体かという点だけなので、それが動物性のものか、植物性の者かという違いは関係ありません。

「油」「脂」とは

「油」「脂」とは

「油」について詳しく

「油」とは常温で液体の植物、動物、鉱物などから抽出される、燃えやすく、水に溶けにくい物質のことです。

「あぶら」は、動物や植物などの生物から抽出される「動物油脂」と「植物油脂」、石油などの鉱物から抽出される「鉱物油」に大別され、更にそこから「植物油」「動物油」などの液体、「植物脂」「動物脂」などの固体に分けられます。

この中で、常温で液体の「あぶら」の場合は漢字では「油」と表記し、ここで言う常温とは、一般的に15~25℃に於ける「あぶら」の状態とされており、これに当てまるかどうかで「油」と、後述する「脂」に分けられます。

常温で液体である「油」のうち、「植物油」には「サラダ油」「コーン油」「アマニ油」「ひまわり油」「ごま油」など、「動物油」には「鯨油」「鮫油」「肝油」などがあります。

「脂」について詳しく

「脂」とは常温で固体の植物、動物、鉱物などから抽出される、燃えやすく、水に溶けにくい物質のことです。

「脂」は常温で固体の「あぶら」のことで、「油」の時と同じく、15~25℃に於ける「あぶら」の状態で判断し、これに当てはまらない場合に、「脂」と表記します。

常温で固体である「脂」のうち、「植物脂」には「ピーナッツバター」「マーガリン」「ショートニング」など、「動物脂」には「ラード」「バター」「ギー」などがあります。

「油」と「脂」の違いは何?まとめ

【意味】常温で液体の植物、動物、鉱物などから抽出される、燃えやすく、水に溶けにくい物質のこと
【備考】「植物油」には「サラダ油」「コーン油」「アマニ油」「ひまわり油」「ごま油」など、「動物油」には「鯨油」「鮫油」
「肝油」などがある
【意味】常温で固体の植物、動物、鉱物などから抽出される、燃えやすく、水に溶けにくい物質のこと
【備考】「植物脂」には「ピーナッツバター」「マーガリン」「ショートニング」など、「動物脂」には「ラード」「バター」「ギー」などがある

「油」と「脂」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「お湯」と「白湯」の違いは何?「お湯」と「白湯」の違いは何かご存知でしょうか。健康のために毎日飲んでいるという方も多いと思いますが、これらの違いは何なのか、どのように...
「安易」と「容易」の違いは何?「安易」と「容易」は、どちらも簡単のようなニュアンスを持つ言葉となっていますが、その違いは非常に曖昧なものです。これら2つの使い分けで迷...
「検討」と「見当」の違いは何?何かを考えたり、推測したりすることを「検討」「見当」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。読み方が両者とも「けんとう」なので...