違い

「A罫」と「B罫」の違いは何?

ノートやルーズリーフは勉強をする上でとても大切なものです。その中でノートやルーズリーフの大きさを表す「A4」や「B5」と言った種類の他に、「A罫」や「B罫」と言ったものもありますが、これは一体どういう意味があるのかご存知でしょうか。

この記事で、意外と知らない「A罫」と「B罫」の違いについて見ていきましょう。

「A罫」と「B罫」の違い

「A罫」と「B罫」の違い

「A罫」と「B罫」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • A罫」:7mm間隔の幅で引かれた「罫線」
  • B罫」:6mm間隔の幅で引かれた「罫線」

「罫線」とは行の間の境の線のことです。

「A罫」「B罫」の他にも様々な「罫線」があり、5mm間隔の「C罫」、8mm間隔の「U罫」、10mm以上の間隔の「UL罫」、等間隔にドットが打たれている「ドット罫」などもあります。

「A罫」「B罫」とは

「A罫」「B罫」とは

「A罫」について詳しく

「A罫」とは7mm間隔の幅で引かれた「罫線」のことです。

「A罫」と書いて「えーけい」と読み、「罫線」とは行の間の境の線のことです。「A罫」は大学ノートやルーズリーフなどで一般的に多く使われる「罫線」で、「普通横罫(ふつうよこけい)」とも言います。

7mmの間隔なので、余裕を持って文字を書きたい・文字が大きくなりがちな方は、この「A罫」がおすすめです。また、これまでに大学ノートを使ったことがないという方にもおすすめです。

「B罫」について詳しく

「B罫」とは6mm間隔で横に引かれた罫線のこと

「B罫」と書いて「びーけい」と読みます。

「B罫」は「中横罫(ちゅうよこけい)」とも言い、「A罫」とはたった1mmの差ですが、余裕を持って文字を書きたい・文字が大きくなりがちな方にはおすすめできません。しかし、その分文字を多く書くことができるので、後で見たときに読みやすくなるのが特徴です。

「A罫」と「B罫」の違いは何?まとめ

「A罫」と「B罫」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「A罫」 7mm間隔の幅で引かれた「罫線」 一般的に多く使われる「罫線」の種類で、「普通横罫(ふつうよこけい)」とも言う
「B罫」 6mm間隔の幅で引かれた「罫線」 「中横罫(ちゅうよこけい)」とも言う

「A罫」は7mm間隔、「B罫」は6mm間隔の幅で引かれた「罫線」のことです。「A罫」「B罫」の他にも様々な「罫線」があるので、自身の学習にあったノート、ルーズリーフ選びをしていきたいですね。

「筆者」と「著者」の違いは何?「筆者」と「著者」の違いは何かご存じでしょうか。主に、文章を書いた方のことを指すこれらの言葉ですが、具体的にはどんな違いがあるのか知らな...
「音読み」と「訓読み」の違いは何?漢字には「音読み」「訓読み」というものがありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 その漢字の意味や成り立ちを理解する上でと...
「適用」と「適応」の違いは何?「適用」と「適応」は何が違うのかご存知でしょうか。 何かに当てはめたり、当てはまったりする際に使われる言葉ですが、使い分けの際にど...