違い

「18金」と「24金」の違いは何?

金には、「18金」「24金」というものがありますが、これらは何が違うかご存知でしょうか。耳にしたことはあるけど、どんな違いがあるのかは知らないという方が多いのではないかと思います。

この記事で、「18金」と「24金」の違いについて見ていきましょう。

「18金」と「24金」の違い

「18金」と「24金」の違い

「18金」と「24金」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 18金」:金の純度が75%(24分の18)の合金
  • 24金」:金の純度が100%(24分の24)の純金

「18金」は合金、「24金」は純金です。「18金」には強度を上げるために銀や銅などの他の金属が含まれています。

「18金」「24金」とは

「18金」「24金」とは

「18金」について詳しく

「18金」とは金の純度が75%(24分の18)のものです。

「18金」と表記されることもありますが、同じ意味で「18k」「k18」「18kt」などと表記されることもあります。ここの「k」とは金の純度を示す単位である英語の「karat(カラット)」の略称ですが、しばしば、ローマ字表記にした「Kin」と誤解されることが多いです。

この「1K」あたりには約4.17%ずつ純金が配合されており、「18金」の場合はこれが18個分含まれているため、4.17×18で約75%の純金が配合されていることになります。残りの25%には銀や銅などの様々な金属が含まれており、合金となっています。金以外の金属を含めることによって純度は下がってしまいますが、これによって強度をあげることができ、また銀や銅などの金属を含めることによってその色にバリエーションを持たせることができます。

「18金」はジュエリーや時計、カメラなど幅広い用途で使用されます。

「24金」について詳しく

「24金」とは金の純度が100%(24分の24)のものです。

「1K」あたりには約4.17%ずつ純金が配合されているので、「24金」の場合はこれが24個分、4.17×24で約100%の純金で出来ています。「24金」は強度が低く、傷がついたり凹んだりしてしまいやすいため、「18金」として強度を上げて使用されます。

しかし、「24金」は純度が100%なために価値は非常に高く、主にコインやインゴットなどの資産価値を目的としたものに使用されます。

「18金」「24金」の他にも、金の含有量によって「23金」「22金」「14金」などもあります。日本では金の製品として「金箔」が有名ですが、この「金箔」は「23金」に含まれます。

「18金」と「24金」の違いは何?まとめ

「18金」と「24金」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「18金」 金の純度が75%(24分の18)の合金 残りの25%には銀や銅などの金属が含まれており、これによって強度が上がり、色にも様々なバリエーションが出来る
「24金」 金の純度が100%(24分の24)の純金 強度は低いが、その分資産価値は非常に高く、コインやインゴットなどの形で世界にある

ぜひ、参考にされて見てください。

「漬物」と「ピクルス」の違いは何?世界には、同じようなものでも名称が違うものが多くあり、それらの違いについて気になるところで、「漬物」と「ピクルス」もそのうちの1つだと思...
「ハンコ」と「印鑑」と「シャチハタ」の違いは何?「ハンコ」と「印鑑」と「シャチハタ」、これらの違いは何かご存知でしょうか。 社会人になると使う機会がぐんと増えるこれらは、それぞれ...
「炭水化物」と「糖質」の違いは何?「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」など、それを含む物の摂取を抑えるダイエットがいっとき流行りましたが、これらの「炭水化物...