違い

「0時」と「24時」の違いは何?

0時」と「24時」の時間の表記の違いは何かご存知でしょうか。

どちらも同じ時間を表していますが、微妙にニュアンスが違います。

この記事で、「0時」と「24時」の違いについて見ていきましょう。

「0時」と「24時」の違い

「0時」と「24時」の違い

「0時」と「24時」の違いは以下の通りです。

  • 0時」:その日付の始まり、1日のスタート
  • 24時」:その日付の終わり、その日の延長、継続した時間

基本的な意味は同じですが、「0時」は始まりを、「24時」は終わり、その日付の延長や継続を表しており、その意味合いを強く伝えたいときに主に使われます。

「0時」「24時」とは

「0時」「24時」とは

「0時」について詳しく

「0時」とはその日付の始まり、1日のスタートを表しています。

「0時」はその1日における一定の時刻を表すものですが、その中でもその日付の始まり、1日のスタートを表し、その意味合いを伝えたいときに多く使われます。

1日は通常「24時制」で表されており、これは1日の始まりである午前「0時」から、23時59分までのことを指します。「24時制」は飛行機やバス、電車などの、時刻で誤解が生まれないような場で主に使われます。

「24時」とは異なり「0時」と表記しても日付が誤解されることはありませんが、それが昼の「0時」を表しているのか、夜の「0時」を表しているかは曖昧なため、昼の場合は「午後0時」、夜の場合は「午後0時」と表すのが適当です。

「24時」について詳しく

「24時」とはその日付の終わり、その日の延長、継続した時間を表しています。

「24時」もまたその1日における一定の時刻を表し、基本的な意味は「0時」と同じですが、その中でもその日付の終わり、その日の延長、継続した時間を表し、それらの意味合いを伝えたいときに使われます。

その日の延長、継続という解釈は難しいですが、例として挙げますと、23時から放送される番組が1,5時間番組で「24時」に終了しない場合、多くの方に分かりやすいように0時30分終了という表記ではなく、24時30分終了という表記を使い、このような感じで使われます。

つまり、日付を跨ぐ場合は分かりやすいように「0時」ではなく「24時」という表記を使うんですね。これに伴い「25時」や「26時」などの表記も使われることもあります。

「24時」という表記は夜ということは分かりますが、その日付が曖昧という特徴があるため、使用する場合は「24時」に日付を付けて使うのが適当です。

「0時」と「24時」の違いは何?まとめ

「0時」と「24時」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 0時」:その日付の始まり、1日のスタート
  • 24時」:その日付の終わり、その日の延長、継続した時間

基本的な意味は同じでも「0時」は始まりを、「24時」は終わり、その日付の延長や継続を表しています。「0時」は昼の「0時」と、「24時」は日付で誤解がされやすい表記なので、この辺りを気をつけて使い分けていきましょう。

「110番」と「119番」の違いは何?事件や事故、救命などの緊急事態に遭遇した場合、私たちは「110番」もしくは「119番」に電話をかけなければいけない状況になる可能性があり...
「α(アルファ)版」と「β(ベータ)版」の違いは何?オンラインソフト・ソフトウェアには「α(アルファ)版」と「β(ベータ)版」というバージョンがありますが、これらの違いは何なのかご存知でし...
「ニッポン」と「ニホン」の違いは何?私たちが住んでいる「日本」という国は、「ニッポン」と「ニホン」という2つの読み方があります。私たちは日常生活やサッカーなどの応援の際に無...